ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

【服の系統一覧】あなたが好きなファッションジャンルは?骨格診断の前に、これを知ろう!

 

おはようございます。
イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

「好きな服」を着るのって、嬉しいですよね。
身を包まれると幸せになれる服が「あなたの好きな服」なんですよ♡

あふれる情報を取捨選択して、「あなたの好きな服」を身に着けていると、ネガティブだと思うことも どうでもよくなるんじゃないでしょうか。(私だけ?)

 

***

この前、知り合いのアパレル店員さんと話してたとき

「骨格診断って最近よく聞くんですけど、私、受ける気になれなくて。
あれって、3タイプの骨格ごとに、似合う服のジャンルも狭められてしまうんですよね?
そういうの、つまらないじゃないですか。
こだわり派の人は、受けたくないですよね。」

という話題になりました。

 

この話、決して骨格診断がダメだというのではなく、
「好きな服を似合うように着たい」というおしゃれにこだわりのある人は、
「骨格診断だと物足りない」と感じるのだなぁ、と改めて思ったのです。

 

だから、手っ取り早く「似合う服を着たい」という人や、
あなたの意思に関係なく、スタイリストやコンサルタントがおススメする服を着てれば安心できる人は、「骨格診断」を受ければいいのですよ^ ^

 

そしてその、「骨格診断」を凌駕する、より詳細な診断結果を得られるのが、
私が提供している「ファッションジャンル診断」と、「体型分析」です。

 

今回は、ファッションジャンルについて書いていきますね。

ファッション系統(ジャンル)は、そもそもどれくらいありますか?

という質問が届きました。

ご質問、ありがとうございます。
私、全然説明してなかったですね。(汗)

 

ファッションジャンル(系統)の分け方には、流派がいろいろあります。

ジャンルが22タイプに分かれるものにテイストスケール法、という分け方があります。
それは「お顔立ち」に「似合う服」が分かる手法です。

 

「顔立ちに似合う服=テイストスケール法」も悪くありませんが、ただ「似合う」だけじゃなく、「好き」なものを身に着けたいじゃないですか。

私の手法は「お客様の性格と好み」から導き出す、おおまかに14タイプに分けるやり方。
その手法の最大のメリットは、「心から好きな服」が安心して着られて、日常生活でもお店で探しやすい点にあります。
服がリアルで着られないと、コーディネートをご提案しても、無意味になってしまいます。。
実のところ、「テイストスケール法」だと、あまりにもジャンルが細かすぎて、実際に売ってるお店が少なくて探せない、というデメリットがあるのです。

ファッションジャンル診断の、ざっくりとした7タイプは、下の画像を見てくださいね。

 

ワンピースひとつとっても、こんなに違うんですよー

 

そして各ファッションタイプの服を着ると、醸し出る雰囲気はこんな感じに変わります。

 

・Sweet(Cute、Feminine)・・・可愛らしい、清楚な、つつましやかな、優しいイメージ

・Casual(Sporty、Natural)・・・ヘルシー、さわやか、自然体、リラックスできるイメージ

・Elegant(Ladylike、Classy)・・・良妻賢母、女性らしい保守、信頼感のあるイメージ

・Luxurious(Alluring、Gorgeous)・・・セクシー、マダム、成熟した華やかさ、肉感的なイメージ

・Traditional(French、British)・・・正統派、責任感、ビジネスライクな、落ち着いたイメージ

・Unique(Creative、Ethnic)・・・芸術家肌、力動感、個性的、独立心があるイメージ

・Modern(Dramatic、Strong)・・・シャープ、都会的、浮世離れした、国際的なイメージ

着る服が変わるだけで雰囲気や印象が変わるので、不思議ですよね。

だからこそ、「あなたの性格や雰囲気に合う服」を着る必要があります。
逆に言えば、あなたの雰囲気にマッチしない服を着てると、
「あれ?この人、初めて会ったときとなんか印象違うな・・・
 見た目と中身が全然違う。。」
ということにもなりかねません。

第一印象を変えるには、その人と8回以上会わなければならない、というデータもあるくらいです。

もしあなたが婚活してたら、これだと時間がもったいないと思いませんか?

 

 

ファッションジャンル診断の良いところは、「あなたが好きな服」と「なりたい理想の自分像」をたくさんの画像から選べることろ。

決して私が「これ着てください」とおススメしてるわけじゃないんですよ~

こんな感じの画像を全部で24コ、選んでもらってます。

 

ファッションジャンル診断でお客様に画像を選んでもらっていると、

「この外見になりたいけど、私らしくない気がする」

という方がいらっしゃいます。

 

そういう方の多くは、自分の元々の気質が目指す外見とかけ離れているため。

つまり、内面の性格と外見の見え方が不一致である、ということなんです。

 

しかも、そういう方に限ってクローゼットの中の服のジャンルがごちゃごちゃ。

これではファッションの方向性が定まらないですよね・・・

コーディネートで悩む時間が多くないですか?

って偉そうに書いてますが、実は私もそうだったんです。

そういう方は、元々の気質も分かる、より詳細なファッションジャンル診断を受けるのもいいですよ。
より「好きで欲しい服」が明確になって悩む時間が減り、お買い物が楽しくなります♡

 

 

そして、コンサルテーションを受けると、今までと全然違う目線でお買い物できてしまうんです。

 

しかも私もそうなんですが、好きなもの、似合うものしか買わないので、
買い物してるのにお金が余る、というお客様が続出してます♫

 

お金が余るのにも理由があって、私はそういうこともお手伝いしてます。

それはまた、おいおい書きますね。

 

 

ファッションとお金問題を一度に解決したい!という方の、応援をしております♡

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。