ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

【バッグの色の合わせ方】何にでも合うバッグはありますか?~絶対失敗しない、秘密の選び方

 

こんにちは。
イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

だいぶ前に
【バッグの色の選び方】靴とバッグの色は揃えたほうがいいの?
という記事を書きましたが、今回はその、補足記事です。

 

【バッグの色の選び方】何にでも合うバッグはありますか?

という記事でも書きましたが、

「もっとおしゃれに見せたい。」
「絶対失敗したくない。」
「黒と茶色で迷っている。」

場合に、選び方の一つとして、

パーソナルカラー診断を受ける

という選択肢があります。

 

ではなぜ、パーソナルカラー診断を受けるのが良いのでしょうか?

 

本来、パーソナルカラー(似合う色)は、チークやアイシャドウの色、ニットやブラウスなどのトップス選びに、とてもおススメです。
こう書くと、
「えー、バッグの色は関係ないじゃん。」
と思う方もいらっしゃるでしょう。

 

そう思うかもしれませんが、イメージしてみてください。

もし診断を受けて、ブルーベース系の色がお似合いですよ、と言われた場合、おしゃれなあなたは、あえてパンツやスカートなどのボトムスに、ブラウンを合わせようと思いますか?
きっと、グレーや黒、ネイビーを合わせようと思うはずです。
だって、ブラウンは、どちらかというとイエローベース系の色味なので。

パーソナルカラーは、色の特徴(ブルーベース・イエローベース、清色・濁色、明るい色・暗い色、高彩度・中彩度・低彩度)さえおさえてしまえば、どの色でも着こなせてしまいますが、やはりブルーベースが得意な方は、極端なことを言うと、ブラウンを身に着けるのは苦手なわけです。

となると、ブルーベース(パーソナルカラーが夏か冬)の方は、ニットやブラウスがブルーベース系となり、スカートやパンツもブルーベース系を合わせると、全体的にしっくりくるのです。

そうすると、バッグの色は?
というと、やはりブルーベース系の、グレーや黒、ネイビーを合わせたほうが、全体的に統一感が出て、まとまりが出てくることが一目瞭然というわけです。

おしゃれになるには必ずしもパーソナルカラー診断を受けなければならない、というわけではありませんが、

「高いバッグを買いたい。」
「何を選べばいいか分からない。」
「よりおしゃれに見せたい。」

という場合、パーソナルカラー診断を受けておくと、選び方の方針が定まり、お買い物で迷わなくなるのです。

つまり、お買い物で失敗しなくなる、というわけですね♡

 

私も、バッグ選びで衝動買いして、失敗したことがあります。

 

今からかなり前、都内に行ったとき、せっかくだから丸ビルで何か買おうと思い、大好きなブランドのバッグを買いました。

そのバッグ、決して安いとは言えないお値段でした。

そのとき、「地元には売ってないし~ 珍しいデザインだし。」という理由で買ってしまったんですよね・・・

そのバッグを買ってかなり経ちますが、実はまだ一度も使っていないのです。
なぜかというと、服の色に合わせにくいから。。

私はパーソナルカラーは夏なのですが、そのバッグはイエローベース系の茶色だったのです。
なので、手持ちの服にすごーく合わせにくいです。
元々茶色はあまり好きじゃないし・・・
じゃぁ買うなよ、という話ですが。

私はこれまでこんな感じで、お買い物で、数々の失敗を繰り返してきました。

 

これを読んでくれたあなたには、ますますおしゃれに磨きがかかるといいなぁと、思ってます。
私と一緒に、おしゃれはこんなに簡単でいいの?という世界を味わっていきましょう。

 

では今日もお読みくださって、ありがとうございました。

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。