ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

ファッションジャンルが定まらない!ファッションジャンルや服のテイストを変えたいときに、一番初めにしたほうがいいこととは?

 

こんにちは。
イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

今日は、一番ご相談の多い、ファッションジャンルや服のテイストを変えたい人向けに書いていきますね。

 

ファッションジャンルや服のテイストを変えるときに、一番先にやったほうがいいことは、

なりたいファッションの方向性や、理想の姿を先に決めることです。

 

決めるって、ものすごーく大切です。

決めたらそこに進めますから♡

 

 

なぜこの記事を書こうかと思ったのかというと、

よく、ファッションジャンルや服のテイストを変えるには、雑誌を読むのがおすすめ

って聞いたこと、あると思うんです。

 

私も昔はそう思っていて、たくさんの雑誌を読んできました。

(おかげで情報に振り回されて、遠回りしてしまった過去・・・)

 

 

ただ、よーーく考えてみてください。

 

ファッションを変える方向性すら分かっていないのに、雑誌を変える(買える)訳、ないじゃないですか。

 

雑誌って、何かを参考にしたいから買うものじゃないですか?

 

少なくとも、私はそうです。

 

その、参考にしたいファッションすら決まってないのに、雑誌を変える(買える)わけないのです。

月に雑誌を何十冊も買うくらいの、よほどのファッション好きな人でない限りは。

 

 

ということで、まずは雑誌を参考にする前に、

自分がどういう方向にファッションを定めていきたいか、

なりたい自分の理想の姿

を決めるのが先なんです ^ ^

 

 

とは言っても、

自分で決めていい、と言われてしまうと、なかなか決められない・・・

年齢的に、そのテイストの服が着られるか分からない・・・

気になるファッションジャンルが2,3コあって悩む・・・

なんだか、なりたいイメージがぼんやりしている・・・

そもそも理想のファッションなんてない・・・

という方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

安心してください。私もそうでした。

昔の私も、ファッションを変えたいと思ってはいましたが、具体的なイメージがうすぼんやりしてましたので ^ ^

 

 

で、さらにさらに、「自分らしさ」とか「自分の良さ」とか「他人に分かってほしい自分の魅力」を見た目(ファッション)で表現できるなんて考えもつかなかったですし。

 

 

私たち、MAICイメージコンサルタントがいる理由って、ただ「似合う服」をご提案するわけではないんです。

 

もっと、お客様のパーソナルな部分に向き合っています。

 

その人が、本当は、「どういう姿」になりたくて、「どういうイメージに近づきたくて」、「どういう人だと思われると心底嬉しいか」等々。

 

様々な角度から質問を重ねることによって、お客様自身のことを掘り下げていくんです。

 

 

なので、まずはあなたも自分に問いかけてみてくださいね ^ ^

 

「私は、どういうイメージになりたいの?」

「どういう人だと思われると嬉しい?」

って。

 

 

そして、変わる方向性が決められたら、雑誌を参考にしてくださいね。

雑誌を買うのは、方向性を決めてからでも遅くないんですよ。

 

 

もし、

答えが見つからないようだったら、

グルグル迷ってしまうときは、

私がサポートいたしますね ^ ^

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。