ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

【保存版】コートの選び方や買い方~事前準備編

 

こんにちは。
イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

お客様からコートの選び方について聞かれたので、今日はコートについて書いていきます。
「質の良いものを長く着たい」という方は、続きを読んでくださいね。

 

ジャケット、パンツ、スカートなど洋服は様々なアイテムによって構成されていますが、
コートはそれらの服に比べると高いですよね?

高価なものにもかかわらず、コートの選び方に失敗してしまうことも多いと聞きます。

私も20代の頃、一着だけ
「買わなければよかった・・・」
と思ったものがありました。

 

では、コートの選び方です。

 

1.まずざっくりと予算を決めます。

なぜかというと、それによって買いに行く場所、時期などが決まってくるからです。
例えば予算が50万円くらいだったり、お金やあなたという存在価値のビリーフ(メンタルブロック)が全て取れている場合は、それこそコートがずらっと並び、サイズがそろっていて、
売り切れもない10月頃、ハイブランドを始めとした好きなショップへ行けばいいでしょう。

ではそんなに予算がない場合、お金のビリーフが全て取れていない方はどうすればいいのかというと、買いに行く場所、時期について考える必要が出てきます。
そういう方は、始めに予算を決めてくださいね。

 

2.コートを着て、どこに行くのかを考えます。

普段着用、通勤用、おしゃれして遊びに行くときのため、コンビニなどへの羽織りとしてなど、防寒着としてのコートにも色々な用途があります。

近所へのちょっとした買い物と、おしゃれして外出する場合は、普通に考えたら同じコートではありませんよね?
用途をはっきりさせましょう。

 

3.素材を決めます。

ウール、ダウン、皮革など、コートと一口に言っても様々な素材があります。

これらは予算と用途によって、何を選択するかが決まります。
今回はウールのコートが欲しいのか、それともダウンコートが欲しいのかを決めましょう。

 

4.服のスタイルやテイストを決めます。

ロング丈なのか、ショート丈なのか。
デザイン性の高いものが欲しいのか、ダッフルコートやPコートなど、軍服がオリジナルなものなのか、フェミニンなものか、ベーシックなものか、中にジャケットを着るか着ないかなど、自分が着たいスタイルを、大体のところまで決めておきましょう。

ファッションスタイルが決まらないという方は、雑誌を参考にしてくださいね。

 

4までが事前に決めておくことです。

ここまで決まると、買いに行く場所と買う時期が決まります。

お金のビリーフが取れていなかったり、潤沢な予算がなければセールやアウトレットで買うことになりますし、ダッフルコートやPコートが欲しければ、トラッドを多く扱うショップへ行く、フェミニンなコートが欲しければ、デパートの婦人服売り場やセレクトショップへ行く、ダウンコートでスポーティなものが欲しければ、アウトドアウエアやスポーツウエアのショップへ行くなど、おのずと決まってきます。

 

中には思いつくまま、気ままにコートを買う方もいらっしゃいます。
それはそれで結構です。

しかし、そうすると数々の失敗の可能性が生まれます。
数々の失敗とは、買ったけれども着ない、長もちしない、自分の持っている服と合わないなどです。
失敗を避けるためには事前の準備が必要です。

では実際に、お買い物へ出かけましょう。

 

長くなってしまったので、次回に続きます。

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。