ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

清色と濁色の見分け方のコツ

 

こんにちは。
片瀬慶子です。

 

先日、お二人の方にパーソナルカラー診断をさせていただきました。

 

二人で申し込んでもいいですか?

とお問い合わせいただいたときは

できなかったらどうしよう・・・ とか
一人を見させてもらっているとき、もう一人の方をお待たせしてしまう・・・ とか

ゴチャゴチャ悩んでたのですが、

診断できないというのはあり得ないし、
やってみないと分からないよね、もしかしたら楽しいかもしれないし♡

と思い直し、お二人様もできますよ~ とお返事しました。

当日はとっても楽しい時間を過ごすことができ、チャレンジしてよかったなぁと思いました。
お二人なら、きっと診断結果をたくさん活用してくださるだろうな。
先がとっても楽しみです☆

 

 

さて、今日は、パーソナルカラー診断でも質問の多い、清色と濁色の見分け方について書いていきますね。

 

清色と濁色の見分け方は、私も勉強しはじめの頃は難しい・・・と思ってた部分です。

 

理論的な方と、感覚派の方がいると思うので、分けて書いていきますね。

 

まず、理論派の方へ。

清色とは、純色に、白や黒が混ざった、混じりけのない色のことです。

白と黒は、色の世界でも究極に澄んだ、混じりけのない色なんですね。

 

そして、濁色とは、純色にグレー(白と黒を混ぜた色)が混ざっている色のことを指します。

 

って読んでても、難しい~ と思う方は、下の図を見てみてください☆

一番左端の V は純色です。

キレイに囲めなかったのですが、上の方の、赤で囲った部分が、白を混ぜた清色です。

で、緑で囲った部分が、黒を混ぜた清色、となるんですね。

 

図を見ると、右に行くほど、白 もしくは 黒 に近づいてきますよね?

それらの色が 清色 ということになります。

 

そして、濁色が、囲まれていない部分となります。(一番左の V(純色) は除きます)

濁色は、右に行けば行くほどグレーに近づくのが分かりますよね?

 

 

じゃあ感覚派の私はどう見分けたらいいの~? という方は。

 

清色は、「クリアな色、澄んだ色」、

濁色は、「ソフトな色、スモーキーな色」

と感じることができます☆

 

なので、

清色は クッキリした色、

濁色は 一枚ヴェールがかかったような色、くすんだ色、

と覚えておくと良いのかなぁと思います ^ ^

 

 

頭で理解しても、やってみると難しいと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

パーソナルカラー活用レッスンでは、
テキストを使ってご本人に伝わりやすいような言葉で解説してるのですが、
書いて説明するのって、難しいとも思いますし。

 

 

選べるようになりたい方は、
まずは身近にある服や紙で、
「これは清色?濁色?」
と問いかけるところから始めてみてくださいね。

 

きっとコツを掴めるときが来ますよ☆

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。