ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

山梨からパーソナルカラー診断、体型分析(骨格診断)を受けにお越しいただきました!③

 

こんにちは。
イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

3回に分かってお伝えしている、山梨からお越しくださったS・Iさまのコンサルテーションの内容です。

片瀬がどんなコンサルテーションをしているかを、実感してくださいね。

 

前回は、ファッションジャンルについての説明が途中でした。

実はファッションジャンルって、すごく大切です。

よく、「コンサバ系」とか「VERY系」とか「Can Can系」とか「ナチュラル系」とかって言いますよね?
それがファッションジャンルに当たります。

それが違ってくると、参考にする雑誌や、買い物に行くショップさえ違ってくるんです。

 

そしてそれは、その方の好みなので、「似合う服」とはまた違うんですよね・・・

 

せっかく服を買うなら、「好き」なテイスト(ジャンル)で、「似合う服」を買いたいと思いませんかー?

 

その人の外見と内面(性格)から好みが分かるのが、私の提供してるファッションジャンル診断です。

 

S・Iさまの理想の外見は「ナチュラル」。
神崎恵さんのような、ナチュラル美人が目標です。

それに対して、現在のファッション傾向は、トラディショナルの要素が入っています。
なので、神崎さんのようなナチュラルな外見を目指すには、トラディショナルの要素を薄めていかないとなりません。

しかも神崎さんのようなナチュラルなので、「ナチュリラ」という雑誌に出てくるような、全部がゆるっとしたナチュラル~ではないんですよね。
となると、ボトムスを考える必要が出てくるのです。

 

そして今度は、内面の方も詳しく見ていきます。

実は内面の心理状態も、その方が選ぶ服装に大きく影響してきます。

S・Iさまの場合は、元々の気質が「フェミニン」が突出しています。
そして気になるのがやはり「ナチュラル」と「クリエイティブ」。

「年齢も年齢だし・・・」とおっしゃっていたので、もう20代のような「かわいらしさ」は求めていないのですね。
かといって女性性を無視するのもちょっと、な状況なのです。
しかも飾り気のない「ナチュラル」さと、個性的な「クリエイティブ」要素も、お持ちです。

それらを統合して、体型的にお似合いになって、さらにランクアップする服装を、求められていました。

 

ということで、こんなファッションをご提案しました。(ご提案資料の一部です)

トップスは「似合う色」で、あまり飾り気のないものを。
ボトムスはジャケットにも合わせられて、動きのあるデザインを。

小物類はブロックチェックのマフラーがとてもお似合いだったので、ご提案しました。
ブロックチェックは意外と似合う人が少ないんですよね。
アクセサリーは、お顔やお首の長さを短く見せたり、長く見せたりするのに使います。
面長さん、ベース型、丸顔さんの、気になるフェイスラインを誤魔化すことができるのがアクセサリーです(笑)
そして小物類は「自分らしさ」を取り入れるのに、うってつけなんですね。
S・Iさまはクリエイティブ要素が入ってるので、あえて「アシンメトリー」なものを選びました。

 

私のコンサルテーションは、2日目に体型分析結果の解説と、似合うファッションのご提案をします。
(その後、ショッピング同行される方もいらっしゃいます)

S・Iさまは海外旅行等で水着も着られる、ということでしたので、水着についての解説も詳しくさせていただきました。

 

ご感想をいただいたのでご紹介しますね。

「2日間、ありがとうございました。

パーソナルカラー診断の解説が分かりやすくて、すぐに選べるようになっていました。
体型分析は、これまで私が似合うだろうと思って選んでいたものと違うものもあり、
やっぱり専門家の意見を聞くことができたのが大きな違いでした。

メイクも習ったことがなかったので、神崎さんのようなメイク、ヘアスタイルになるように
今も続けています。

教えてもらったフェイスフィッティング法がとても画期的でした。
目を慣らしていけば、私でも似合う服を選べるようになりますね。
体型分析のデータとミックスさせれば、もう一生コンサルティングを受けなくても
良さそうです。

そして提案してくださった、ブロックチェックのマフラーです。
まさか自分にブロックチェックが似合うと思いもしなかったので、
驚きました!
自分では思いつかないことをポンポン提案してもらって、
自分のファッションの枠がはずれたような気がします。
資料は一生の宝物です。たびたび見返したいと思います。」

 

S・Iさま、ありがとうございました。
こういうご感想をいただくと、やっててよかったなぁと思いますし、
本当に励みになります!

買った服を、大切に着てほしいなぁというのが、私の思いです。
なので、買う買わないは別として、つい質の良いものをご提案してしまうんですよね。

あなたが「着たい服」はどんな服ですか?

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。