ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

服を断捨離しなくちゃ問題

 

こんにちは。
片瀬慶子です。

 

このタイトル・・・

 

今日は断捨離について思っていることがあるので、それについて書きますね。

 

私はイメージコンサルタントになった当初、服を断捨離しなくちゃいけない、と思ってました。
(頭かたすぎ…)

で、思い切って処分できない自分を責めたりしてね…

やってもやらなくてもいいのに、いつの間にか「やらないとならない」になってたんですよ。
しかも、そう思っててもできない自分が苦しくて…

 

今思うのは、断捨離するかしないかは本人が決めていいことなんですよね。

 

よく、「着てない服にはエネルギーが溜まって、開運できない、お金が増えない」、「スペースを空けると入ってくる」的なことを見聞きするじゃないですか。

まぁ確かに、クローゼットがギュウギュウだったら、どこかを借りたり整理したりしないと、服は入らないとは思うけど…

 

で、ちょっと考えてみてほしいのですが、

服を断捨離すれば100%、開運できるのかな?

断捨離した人は全員お金が増えるのかな?

というと、そうじゃない人も、もちろんいますよね ^ ^

 

本に書いてあることって、そういう人が多い、というだけなのかなぁと。

 

なので、断捨離するかしないかって、開運やお金がどうのこうの、よりも、
服を処分することは、あなたにとって満足ですか?に尽きると思うのです。
(ただ、毛玉がたくさんついてたり、穴があいてたり、伸びてる服はちょっと、ね)

 

人ってどうしても、
「自分が本当はどうしたいか?」より、
世間的な評価や価値観だったり、親や周りからの目だったり、お金など目先の利益に目が行きがちなんじゃないかと・・・(もちろん私も、そうでした)

 

ちなみに私の父は70代で、着てない服を捨てられない人ですが、来年、不労所得の月収が50万円以上増える予定です。
2年前はまさかこんなことになると誰も思ってもいなかったので、びっくりしてて。断捨離したからお金が増えた訳ではない、ということが分かるんじゃないでしょうか ^ ^

 

私の話が続きますが、私の知り合いに、丸の内OLさんがいて。
その知り合いは、服は2週間、全然違うものを着ます、と言うんですね。
これって2週間、全部違う服でコーディネートする、という意味なんですよ。

 

そうすると、単純計算で、14(2週間)×2(トップス・ボトムス)×4(春夏秋冬)の服が必要、ですよね。(他にも、コートとか、アクセサリーとか、バッグも必要ですよね)

 

私が以前読んでいたブログに、
「100着の服は多すぎです!」と綴ってた方がいましたが、
2週間全部違う服でコーディネートする私の知り合いにとっては、100着だと少ないはず。

 

ちなみに、スカートだけで50枚以上所持してる私にとっても、全部で100着と決めてしまうより、もっと持ってたいなぁと思うんです。

 

で、知り合いは仕事がとーってもできる人ですが、趣味はお買い物とNLPの講座に行くこと、高野山登り、その他もろもろ。

私もそうですが、その知り合いも、毎朝楽しく服をコーディネートすることも趣味のうちなので、服は100着まで、という情報そのものを頭からなくす方が、自分にとって都合が良くって ^ ^

 

断捨離することで、かえって至福の時間が減るかもしれないし、もしかしたら少ない服だと毎朝のコーディネートが大変になるかもしれない…って思うと。。

イメージコンサルを受ける前の私は、服のコーデがイマイチだと、ダッシュで家に帰って着替えたくなってたので。

 

それに何を隠そう、私にはお気に入りの、ほとんど着てないワンピースが数着、超気に入ってるスカーフが一枚ありまして。
たとえ着てなくても、それらのワンピースを眺めるだけで至福の時間ですし、スカーフは額縁に入れて飾りたいくらい気に入ってて。
そういう時間ってまるで、色とりどりのお花を部屋に飾ってうっとりするような気分なんですよ。

 

ネットや雑誌で情報を集めたり、勉強するのは良いとされてますが、それらの情報が自分にとって本当にいるかどうか、見極める目を育てていきたいなぁと思います ^ ^

 

断捨離してもしなくても大丈夫。

やらなくちゃ、と焦ってたことに気づいたら、
ちょっと休んで「本当はどうしたいか?」を考えましょ♡

 

どうしても服を整理したいと思ってたら、そのきっかけとはまた再会できるので、
そのときのお楽しみに。

 

いつもあなたを応援してますね。

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。