ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

私のこと

私は、洋裁、和裁、色彩、繊維、ファッション、
メイク、マナーについて携わってきた10年以上
の経験を生かし、イメージコンサルタントと
して開業しました。

多くのイメージコンサルタントは、体に
ただ触れて診断する3タイプにしか分けら
れない中、私の診断は、

プロフェッショナルな意識が高い女性の
ために、日本ではかなり珍しい11ヶ所の
体型実寸に基づき、細かなところまで
計測しています。

9割以上のお客様から 「お客さまから素敵
ですね、と褒められるようになりました」、「ブ
ログのPVが上がりました」、「コンプレックス
だと思っていたのが強みに変わりました」、
「フェイスブックの投稿、楽しみにしています
と言われました」、「サロンの雰囲気に合って
いますね」、「初対面の方からおしゃれだと言
われるようになりました」、「洋服の選び方が
ガラッと変わりました」、「外見に自信が持て
るようになりました」、「以前よりも仕事の雰
囲気にあって似合っていますねと同業者に
まで言われるようになりました」

などの、嬉しいお声をいただいております。

私は、幼少の頃から祖母から洋裁を習い、
叔母の通うブティックへ同行させてもらう
など洋服に強い興味を持っていました。

祖母は洋裁がとても好きで私や家族のために
毎年のようにセーターを編んでくれたり、
お揃いの洋服やピアノの発表会の衣装を
作ってくれたという温かい思い出があります。

そのような洋裁好きな祖母の影響を大きく受け、
幼少の頃から洋服が大好きになりました。

私がこの仕事で一番お伝えしたいのは”本来の
自分らしさの表現方法”です。

私は、基本的に”個性”は生まれながらにして
人それぞれに備えられた、大切な贈り物だと
考えています。

本来、個性の違いに優劣はありません。

私は、雑誌に載っているような平均的なものを
お伝えするのではなく、個性を重視した、「自分
らしい美しさ」を纏う方を増やしたいと考えて
います。

そのためには、一人ひとりが自分の個性をきちん
と認め、受け入れることが大切です。

足りないところ、目につくところが自分の持つ魅
力的な個性であると受け入れられたとき、心が
軽くなる感覚を味わうことができます。

自分にとって何が快適だと感じるのか、自分が
本当は何を必要としているのか、どんな自分に
なりたいのかは、置かれている立場や目的によ
っても変わってきます。

イメージコンサルティングで、なりたい自分と、
理想の未来を手にいれましょう!

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2020年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。