ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

初対面の相手に好きになってもらうためのちょっとした工夫

こんにちは。

イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

先日もマナー教室に行ってきました。

お話の中で、先生は

「人に会ったとき、知らず知らずのうちに相手をジャッジしていることがある」

とおっしゃっていました。

つまり、相手と話す前に、既に好きか嫌いかを決めている、ということです。

 

これって、怖いと思いませんか?

人間の心は複雑ですが、大きく分けると、好きか嫌いかの2つだそうです。

あなたに会う方も、あなたが口を開く前に好きか嫌いかを決めてしまいます。

要は、外見で決められてしまうことが多い、ということです。

だから、

「外見で人を判断してはいけません」

と言われているのですね。

そして、これが第一印象です。

出会ってわずかな時間で決められてしまう第一印象。

外見を整えることは、より良い人間関係を作るために大事なことなのだと再認識しました。

 

毎日できること。

髪型、姿勢、洋服や靴をチェックするといいですね。

見落としがちな姿勢は大切です。

腰から上を天に引っ張るようにした自然な姿勢を心がけましょう。

「おへそを立てる」、「腰骨を立てる」と言い表す方もいらっしゃいます。

おへそ下3cmの丹田(たんでん)にキュッと力を入れて、腰から上を天に引っ張るようにします。

お腹の筋肉運動をいつもしていることになるので、インナーマッスルを鍛えることになり、ポッコリお腹が引っ込みます。

正しい姿勢は、健康の母とも言われます。

そして、姿勢だけではありません。

清潔で爽やかな外見をしましょうね。

近くに買い物に行くだけだから、との油断は大敵です。
一歩玄関の外に出れば、どこでどののような方に会うかわかりませんよ~

ほんの少し、意識すると良いですよ。

 

外見も、内面も変わりたいあなたのことを応援してます!

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。