ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

【メイクが上手くなりたい!】驚かれるほどキレイになりたい人に、試してみてほしいこと

 

こんにちは。
イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

今日はメイクが上手くなりたい人に向けて、書いていきますね。

といっても私はそんなに気合を入れてメイクしてるわけではないのですが・・・
むしろ時短の方向です♪

 

ではさっそく。

メイクが上手くなりたい人は、ベースとチークを研究してくださいね。

 

ベースとは?
下地、コントロールカラー、ハイライト、ファンデーション等の、ベースメイクのことです。
やはり、ベースがしっかりしていると、ナチュラルメイクでもしっかりメイクでも、「お肌がきれいに見える」という効果が出ます。

 

チークとは?
頬の部分につけます。主に、パウダータイプのものと、クリームタイプのものがあります。
パウダータイプのものはふんわり感が出せて、やわらかな質感を演出できます。
クリームタイプのものは、練りチークとも呼ばれます。
指でポンポンと頬にのせて使い、しっかりした発色のものが多いです。

 

すごく簡単に、ベースとチークについて書きました。

 

ベースはさておき、ではなぜ、アイメイクではなく、チークが大切なのでしょうか?

 

チークは、お顔の面積の多くを占める部分(頬)にのせます。ファンデーションを塗るだけでお肌のアラをカバーすることはできますが、何のテクニックもなくファンデーションを均一に塗った場合、お顔がのっぺりとした印象になってしまうのです。

ただでさえ顔がのっぺりとした日本人ですが、やはりメイクするなら立体小顔に見せたい!というのが女性の密かな思いなのではないでしょうか。

そんなときこそ、チークの出番なのです。
実際私は、メイクの勉強をするまで、チークをほとんど入れたことがなかったのですが、印象のプロに習ってメイクをきちんとしてみたところ、男性からかけられる褒め言葉が「かわいい」から「キレイ」に変わることができました。
「キレイ」って言われたことなかったので、すっごく嬉しかったです。

そんな私になれたのも、チークのなせる技なのですね♡
それに、みんなが力を入れてるアイメイクだけだと、結局その他大勢と同じ結果になってしまいますからね。
他の人がやらないことをするのが、美人になれるコツなのです。

 

そしてもちろん、チークの色や種類は大事です。
ですが一番大事なのが、チークを入れる位置と道具なのです。

 

あなたは普段、どのあたりにチークを入れてますか?

ぜひ、鏡で確認してみてくださいね。

 

チークの入れる位置を変えるだけで、驚くほど美人になれるんですよ。
そしてそのチークを上手く簡単に入れることができるのが、道具、なのです。
道具選びもすごく大事なんですよ。
お顔立ちに合った道具選びをしたい方は、B.Aさんじゃなく、メイクを教えてくれるイメージコンサルタントやパーソナルスタイリストさんに聞いてみてくださいね。

 

では今日もお読みくださって、ありがとうございました。
あなたのこと、応援してますね。

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。