ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

【婚活 静岡】婚活用の写真でお相手から会ってみたい!と思われるには?①

 

先日お越しくださったRさまから

「これから婚活をするので、相手に素敵な人だと思われたい と思って
受けに来ました。」

ということをお伺いしました。

お話を聞いてみると、

相手に変わってほしい(コントロールする)と思う前に、まずは自分を変えてみよう!

と思って申し込みました、ということでした。

素直なRさまの婚活は上手くいくだろうな~と思いましたよ ^ ^

 

こんにちは。
片瀬慶子です。

 

私は27歳頃から計4ヶ所で婚活してきました。

1つ目は割と大手のところ、2つ目は地元の仲人○○で。

3つ目はネット婚活、4つ目はエグゼクティブ(弁護士・医師)コースもある、

ちょっとお高めのところです。

 

30歳の頃婚約しましたが、結婚式の話し合いをしていてどうしても納得できなかったことがあり、

婚約破棄、式場キャンセル・・・

 

渦中にいるときはさんざん悩みましたし、苦しかったし

親にもお相手にも、いろんな方に迷惑をかけましたが、

あの頃、周りの目を気にして自分の「なんか嫌」という気持ちを押し殺して

無理やり結婚していたら、今でも相手のことを恨んでいたのではないかな、

と思うので、今ではその人と結婚しなくてよかったなぁと思ってます。

 

そしてその後も 性懲りもなくクレクレちゃん状態、あなたが私を幸せにしてくれるんでしょ?

という態度で婚活を続け、いつの間にか計4か所で活動してました。

婚活の合間に彼がいた時期もあったけど、彼と会えない=不幸な私 だったくらい依存度MAX

だった、痛い女だったなぁ。。

 

あ、今読んでて胸がチクっとなった方も、変われますからね ^ ^

 

今日は私がやっていた、婚活用写真が魅力的に見えるコツを書いていきますね。

やってみると、ますます素敵になりますよ☆

 

 

1.背景

まず、どこで撮るのかを考えます。

男性なら写真館もアリ、だと思いますが、女性だとちょっとそれは味気ないかな・・・

と思うので。

私がおススメするのは、緑の木の下で。秋なら紅葉や、銀杏の木も良いかもしれません。

リラックスできるところだと、自然に笑顔になれますよ。

 

実は一度、家の玄関の前で撮ったら、私そのものは良いけど、

背景がNGと言われて撮り直ししたんです(>_<)

せっかくメイクも服もちゃんとしたのに・・・

 

 

撮り直ししてください、と言われたとき

ちゃんと身支度した時間を返して!

腹立つ!

とも思ったのですが、

アドバイスしてくれる方は、ご縁結びのプロ なんですよね。

お見合い率、成婚率を上げようとしてくれてるんだなぁと思って、撮り直ししました。

 

 

私みたいに撮り直し、と言われないためにも、背景にもこだわってみるのがおススメですよ ^ ^

もちろん、登録先のコーディネーターさんからその場で「撮りますよ~」と言われたら、

撮ってもらうのも良いと思います。

 

 

 

思いのほか長くなってしまったので、

次回に続きますね。

 

楽しみにしてくださると嬉しいです☆

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。