ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

【婚活 静岡】婚活パーティー、合コン、写真で、お相手から話してみたい!と思われるには?②

 

昨日は配色に関する本を3冊読んで、充実した時間を過ごせました。
どれも色使いが素敵で、真似したい!
と思いましたよ ^ ^

 

こんにちは。
片瀬慶子です。

 

今日は前々回の続きです。

結婚って、早ければいい、遅ければダメ、絶対しなければならない、
ということはないのですが、
効率的に婚活したいなぁという方は、
読んでもらえると嬉しいです☆

 

2.服(特にトップス)の色に気をつける

色には『色彩感情』というものがあります。

言葉では感じられない、非言語の感覚の部分ですね。

普段、無意識に服の色を選んでると思うのですが、自分だけではなく、

他人にも与える影響が大きいんです。

上の表を見ても、

色なんて関係ない!

と思う方もいらっしゃるでしょう。

 

普段、何気なく服を選んでると思うのですが、

色によって実はこんな風に思われることもあるんですよ ^ ^

 

 

あなたのお気に入りの色、普段選びがちな服の色は、何色が多いでしょうか?

 

 

もちろん、

好きな色の服を着たい!
そのほうが気分がいいし。

という気持ちは分かります。

私も、好きな色の服ばかり着ていましたし ^ ^

 

ただ、好きな色の服を着ていたときもモテてましたけど、
今考えると、ストライクゾーンが狭めでしたね。

ちょっとマニアックな人に好かれるというか…

なので、とりあえず相手がいればOK、という人なら、
ご自分が好きな色を着ていれば良いのだと思います。

 

必ずパーソナルカラーの服を着てください、と言うつもりもありませんが、

『色彩感情』というものがあって、他人にも影響を与えるものである、

ということを頭の隅に置いておいてくださいね ^ ^

 

特に黒の服が大好き、という方は、黒はカッコいいけど拒絶というイメージもある、

ということを知っておいてもらえると嬉しいです。

 

もしどうしても黒を身につけたい場合は、どこか一点、明るさや華やかさを出すのがおすすめです。
(特に女性は)

 

婚活をする以上、相手に”性差”を感じさせるのは、とっても大事ですよ。
違う性別だから、相手に惹かれるのですから。

 

 

面倒だなぁ・・・

こんなことやって、効果あるの?

と思われるかもしれませんが、

写真を撮る前や、パーティーに行く前は、鏡で服の色や全体的な印象を
チェックしてみることをおススメします。

 

いつもあなたのことを応援しております。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。