ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

【静岡 体型分析(骨格診断)】パンツスタイルで脚を長く見せるコツと、スタイルアップできる着こなし方とは?

 

今日は不労所得の入金日で、銀行巡りをしてきました。
自由に過ごしているのにお金が入ってきて、嬉しい限りです♡

 

 

こんにちは。
片瀬慶子です。

 

もうすぐ9月になりますが、秋はどんな服を着よう~ と計画されてますか?

 

秋冬に向かう中でご相談が多くなってくるのが、暖かくて動きやすいパンツスタイルを提案してほしい、ということ。

さらにプラスして言われるのが、脚を長く見せたい というものです。

 

 

一口にパンツといっても色々な形があるので、自分の体型に合わないとバランスが悪くなってしまうこともあります。

種類が多いからこそ、自分の体型にあったパンツを選ぶことは、実は難しいことでもあるんですよね。

 

特にこれから迎える秋冬の季節は、寒いのが苦手・・・ということで、パンツスタイルで出かける方も多くいらっしゃると思います。

 

 

せっかくなら、少しでも脚を長く、スタイル良くパンツを履きこなしたいと思いませんか?

 

そのために、今日は脚が長く見えるパンツの選び方、洋服の着こなし方についてお伝えします。

 

 

まずは、脚が長く見えるパンツの形について。

 

スカートもそうですが、脚を長く見せるためには、ハイウエストボトムスが必要になってきます。

 

ハイウエストとは、通常よりも高いウエストのラインを意味します。
腰骨よりも高い位置で履くシルエットのことです。
また、股上が深いのものが多いのも特徴です。

具体的には、下記写真のようなシルエットがハイウエストになります。

標準の腰の位置で履くよりも、腰骨よりも高い位置で履くことでグッと脚が長く見えることが、イメージしただけでもわかっていただけたと思います。

脚を長く、スタイル良くパンツを履きたい人は、ハイウエストのシルエットを意識して選んでくださいね♩

 

 

次に、脚が長く見える着こなし方についてです。

 

腰で履くパンツを持っている人が脚を長く見せるためには、トップスの着こなし方が重要になってきます。

 

どう着こなせばいいのかというと・・・

ついついお腹周りを隠したくなってトップスを外に出しがちになりますが、このようにインするだけで、印象がガラリと変わってきます。

全部をきれいにしまおうとしなくてもよくて、一箇所さりげなくインして前後で長さを変えて着るだけで、雰囲気も、脚の長さの見え方も変わってきますよ。

 

他にも脚が長く見えるテクニックはありますが、嫌でなければ、まずはお手持ちのパンツで試してみてくださいね。

 

 

いつもお伝えしていますが、洋服をただ漠然と着るのではなくて、

どう着こなしたらもっと素敵になるか?

スタイルが良くなるか?

も試しながら、楽しんで着てください♡

 

 

一昨日から二日間、焼津に遊びに行って来ました。

エビチリとお寿司がおいしかった~

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。