ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

【パーソナルカラー診断 静岡】自己診断してみよう!~明るい色 or 暗い色、似合うのはどっち?

 

確定申告は終わったのですが、テーブルがレシートの山でカオスです(>_<)

会社員時代から、ファイリングが苦手でした。

 

こんにちは。
イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

 

今日は前回の記事、

イエローベースとブルーベース、似合うのはどっち?

の続きです。

 

 

明るい色と暗い色、どちらがあなたに似合うか

セルフチェックしてみてくださいね。

 

 

ところで、明るい色と暗い色の、見分けはつきますでしょうか?

 

 

モノトーンで考えると、白は明るい色、黒は暗い色、となるのは

一目瞭然だと思います。

専門用語で、明るい色のことを高明度、暗い色のことを低明度、といいます。

 

 

では、赤や、黄色、青などの有彩色はどうでしょうか。

見分けがつきますか?

 

 

正解は・・・

 

 

モノトーンなら一目瞭然だと思いますが、色が入ってくると急に難しくなりますよね。

私も大学で色彩学を勉強し始めたころは、見分けがつきませんでした。。

 

 

ちなみに、赤(有彩色)に白を足していくと高明度、

赤に黒を足していくと低明度、となります。

 

今は分からなくても、目が慣れてくれば見分けられるようになるので、大丈夫ですよ☆

 

 

では、これらの明るい色、暗い色を胸元に当てると、あなたのお顔映りはどうなるでしょうか?

鏡の前でチェックしてみましょう!

 

 

まず、白やピンクなどの明るい色を胸元に当てたとき、

顔色が明るく白く見えたり、お顔のシワなどが目立たなくなる方

は明るい色がお似合いになります。

 

反対に、黒やダークブラウンなどの暗い色が似合う方は、

お顔がリフトアップする、ハリが出る、輪郭がすっきり小顔に見える、

という反応が出てきます。

 

 

どうですか?

自己診断できそうでしょうか?

 

 

当サロンのパーソナルカラー診断では、似合わない場合のお顔映りも、

二人で診断表をチェックしながら、見て分かるようにお伝えしてます。

 

似合う場合と、似合わない場合のお顔映りを実際に鏡で確かめられると、

メイクも洋服選びも、グーンと楽になりますからね♡

 

 

黒は無難な色だからよく選んでしまう、という方は、診断を受けてみると

意外な色が似合うかもしれませんね。

似合う色の幅が広がると、おしゃれの幅ももっと広がりますよ。

 

 

落ち着いた場所でリラックスしてパーソナルカラー診断を受けたい、

一人だと似合う色を選べるか不安・・・

診断後、どういうものを揃えていけばいいか知りたい、

という方は、私にお手伝いさせてくださいね。

 

 

次回は、あまり聞きなれない言葉、清色・濁色について、お顔映りの反応を書いていきます。

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。