ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

【パーソナルカラー診断 静岡】自己診断してみよう!~イエローベース or ブルーベース、似合うのはどっち?

 

こんにちは。
イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

ファッション雑誌を見てると、ご自分が似合う色を知ってるのは

もはや常識のようですね。

今日はもしかしたら、パーソナルカラー診断が自己診断できる 目の良い方も

いらっしゃるかもしれない、と思ったので、ぜひ試してみてくださいね☆

 

ちなみに今からお伝えするのは、10社以上パーソナルカラー診断を受けたお客様も

納得される、日本流の正確な診断と、アメリカ流の理論的な解説を融合させた、

MAIC式16分類パーソナルカラー診断で使っているものです。

 

本格的な診断を受けたい方は、参考にしてみてくださいね。

 

前置きはこれくらいにして、まずはやってみましょう!

 

1.メイクを落とした、スッピンのお肌ではじめます

2.イエローベース or ブルーベース( ← 今日はコレ )

3.明るい色 or 暗い色

4.清色 or 濁色

5.鮮やかな色(原色寄り) or 地味な色(モノトーン寄り)

 

1をしないと正確な結果が出てこないので、ここはきちんとやってくださいね。

 

2のイエローベースかブルーベースか、ですが。

これらの色を見てもらうと分かるように、ややこしいですが、

イエローベース系にも青はありますし、ブルーベース系の黄色もあります。

 

決して、

「スプリングと言われたから青は着られない・・・」

と思わないでくださいね。

 

これらの生地や服が見つかったら、お顔写りを鏡でチェックしてみましょう~

 

下が色のサンプルです。

 

では、イエローベース、ブルーベースが似合うか似合わないかのチェックポイントです。

イエローベースの布を当てると、健康的で血色が良く見える方はお似合いになります。

似合わないと、お肌が黄色くくすんで見える、という反応があります。

 

では、ブルーベースは?というと。

ブルーベースの布を当てると、色白で透明感が出てくる方はお似合いになります。

似合わないと、青白く、不健康に見えてしまう、という反応があります。

 

ここまで、自己診断できましたか?

 

共通して言えることは、

イエローベース=肌の色味が出る

ブルーベース=肌の色味が引く

ということ。

 

ただ、その反応の程度差が個人によって違うので、

良い方(血色が良い、美白に見える)に出るか、

悪い方(黄黒く見える、青白く見える)に出るか、

転び方が変わってきてしまいます。

 

その反応を見極めるのが、パーソナルカラリストの役目なんですよね。

極端なことを言えば、お顔をただ白く見せたいだけでしたら、ブルーベースの服やメイクを

身に着ければ、誰でも白く見せるのは可能ですからね。(似合うかどうかは別として)

 

 

私は昔、オレンジのチークが似合うか、ピンクのチークが似合うかで、迷ってたときがありました。

迷いながらも、店員さんの「お似合いですよ」の声だけを頼りに、お買い物してたんですよね。

もちろんそれでOKな方はいいんです。

 

ただ、イエローベースかブルーベースかは、服だけでなく、アイシャドウやリップの色も

関わってくるんですよね。

 

まだ私がパーソナルカラー診断を受ける前、オレンジがかったコーラルピンクのチークを

頬にのせたところ、

「なんだかシミが目立つなぁ」

と思ったのです。

お肌もくすんで見えるような気がしてしまって・・・

 

せっかく買うなら、似合う色を身に着けて、キレイに見せたいじゃないですか♡

 

なんとなーく ただ必要だから 服やメイク用品を買うのではなく、

自分をより素敵に見せたいな♡

という方のために、パーソナルカラー診断が存在します。

 

次回はパーソナルカラーの見分けポイント、明るい色・暗い色について書いていきますね。

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。