ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

【パーソナルカラー診断 静岡】自己診断できるかも?~ 原色 or モノトーン 似合うのはどっち?

 

こんにちは。
イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

今日はパーソナルカラー診断、セルフチェックの 清色 or 濁色 似合うのはどっち?

の続きです。

 

 

正確に診断するには、服や布、紙を用意して、
下の 1 から順番にやっていってくださいね。

 

1.メイクを落とした、スッピンのお肌ではじめます

2.イエローベース or ブルーベース

3.明るい色 or 暗い色

4.清色 or 濁色

5.鮮やかな色(原色寄り) or 地味な色(モノトーン寄り)( ← 今日はコレ )

 

 

身の回りを自分の好きなものや似合うものだけで埋めると、コーデが決まらない…等の不満がなくなって、毎日スッキリと過ごせますよ。

 

 

今日は純色(原色寄りの色)が似合うか、モノトーンが似合うかという、
いわゆる「彩度」のお話です。

 

 

診断の前に、「彩度」の見分けがつかないと、意味のない結果が出てしまうので、まずは「彩度」の説明をしますね。

 

 

「彩度」とは鮮やかさ、いわゆる派手さの度合のことを言います。

 

 

この彩度をざっくり3つに分けると、大きく以下の3段階に分かれます。

 

①純色に近い派手な色が「高彩度」

②純色から離れたモノトーンに近い色が「低彩度」

③その中間が「中彩度」

 

上の図の、向かって一番左側にある赤は、いわゆる「純色(高彩度)」です。

混じりけのない、原色寄りの赤ですよね?

 

純色より右側にある色は、この赤に、少しずつ白を加えています。

 

左から 右に進むとピンクになり、やがてほとんど純色が感じられないくらい、白に近いピンクになっていきます。

 

このように、純色を感じないくらいの白っぽい色は「低彩度」の色です。

 

 

同じように、上の図は 純色より右側にある色は、先ほどと同じ「純色」の赤に、少しずつ黒を加えています。

左から 右に進むと暗めのボルドー色になり、やがてほとんど純色が感じられないくらい黒に近い色になっています。

 

このように純色を感じないくらい、黒っぽい色も「低彩度」の色と言います。

 

 

これらをまとめると、明るさや暗さに関係なく、
純色から離れる程「低彩度(モノトーン寄り)」ということになります。

 

 

逆に、純色に近い鮮やかな色は「高彩度」、その中間が「中彩度」となります。

 

 

理論的なお話はこの辺で。

 

 

では、純色に近い「高彩度」と、モノトーン(黒・白)に近い
「低彩度」、
あなたに似合うのはどちらでしょうか?

 

 

服や布を用意していただけたかと思います。

 

 

純色に近い「高彩度」が似合う場合、お肌にツヤが出て、華やかな印象になります。

「高彩度」が似合わない場合、お肌に必要以上にツヤが出て、色の方が悪目立ちし、ギラギラした印象になります。

テカりが目立つ方もいるかもしれません。

 

 

モノトーン寄りの「低彩度」が似合う場合、お肌に透明感が出て、スッキリとした印象になります。

「低彩度」が似合わない場合は、お肌から必要以上に色が抜け、間の抜けたような、寂しい印象になります。

 

 

そして、「高彩度」も「低彩度」も似合わない場合は、「中彩度」がお似合いになります♡

 

 

私は、白い服や黒い服が大好きだったんですよね。

特に、白い服が 本当に多かったです。

もちろん、白にも色んな白があるのですが。

 

 

で、クローゼットがパンクしそうになったとき、高額なイメージコンサルティングを受けました。

初日のパーソナルカラー診断を受けたら、純色も、モノトーンも似合わないことが判明・・・

私が似合うのは、中彩度の色だったのです。

 

悲しかったのですが、すごくたくさんの服を、パーソナルカラー診断と体型分析結果を元に断捨離したら、部屋がスッキリして、大げさかもしれませんが、部屋の空気のよどみが取れたような気がしたのです。

 

 

それから、新しい服を「たくさん着よう~」と思って買い足していったら、いつの間にか臨時収入が増えたり、初めてお会いした方や パートナーに「きれい」と言われることが増えたり。

 

結果的に、現状に少しずつ変化が見え、出した以上の対価を得られるという、良いことづくめを更新しております♡

 

 

色彩理論って難しいですよね・・・

私もそう思いますが、私は学生時代から勉強してきました。

 

 

ただ、ファッションもメイクも、あなたの味方です。

分からないから と逃げないで、ぜひ一緒に楽しく身に着けて、人生を彩っていきましょう♡

 

 

最後はちょっと色の話とずれてしまいましたが、純色とモノトーンと中彩度、どれが似合うか似合わないか、ぜひご自分の目で確かめてみてくださいね ^ ^

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。