ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

パーソナルカラー診断後に~ブルーベースだけど、ゴールド系のアクセサリーやジュエリーを身に着けたいときはどうすればいいの?

 

こんにちは。
片瀬慶子です。

 

確定申告やらないといけないけど、現実逃避して雑誌を読んでます(苦笑)

読んでいたCREAという雑誌に、ネタになりそうなことが書いてあったので、
今日はそのことについて書きますね ^ ^

 

このブログの読者様には、パーソナルカラー診断を検討してくださっている方も多いと思いますが、
パーソナルカラー診断は、受ける前のお値段や、誰から受けるかのどうのこうのより、
受けた後の活用法が、とーーーっても重要です。

 

さて、タイトルにあるように、
パーソナルカラー診断でブルーベース系の、夏や冬、と診断されたとき、
もしどうしても、
「ゴールドのアクセサリーを身に着けたい!」
と思ったら、あなたならどうしますか?

※パーソナルカラーが夏や冬の場合、お似合いになるのはシルバー系のアクセサリーです。

 

 

考えはまとまりましたか?

 

 

ファッションに絶対の正解はありませんが、
パーソナルカラー診断で夏や冬と出てきたとき、
ゴールドのアクセサリーやジュエリーが、身に着けにくく感じられる方も多いはず。

 

そんなとき選んでほしいのが、
ピンクゴールド
です♡

 

ピンクゴールドって、こんな感じの色です。


画像はシャネル様よりお借りしました♡

 

ピンクゴールドは、ゴールドすぎず、シルバーすぎない、
ブルーベースの方にとっては肌なじみの良い色です。

 

もちろん、ピンクゴールドを選ばなくて、
キラキラのゴールドを身に着けたい!
もOKです^ ^
(ファッションに正解、不正解はありませんので ← しつこい)

 

 

ただ私は、こんな風に、パーソナルカラー診断結果に左右されるだけなく、
ご自分の選択肢を広げられる人が増えるといいなぁ
と思い、活動しています。

 

だって、せっかく診断を受けたのに、
使える色がクローゼットになくて、
服やアクセサリーを全部買い直すことになった・・・
なんて、もったいないじゃないですか。
(もちろん、全部服を買い替えたいのなら、それもOKですよ)

 

診断結果を上手く活かすのがファッションですし、
あなた次第で、服だけでなく、未来もどうにでもなります♡

 

ぜひぜひ、ご自分自身であなたを最高に幸せにする未来を
掴み取る選択をし続けてくださいね。

 

今日はここまでです。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました ^ ^

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。