ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

【パーソナルカラー診断・静岡】パーソナルカラー毎の、似合うアクセサリー・ジュエリーはどう選べばいいの?

 

こんにちは。
片瀬慶子です。

 

先日、買い物同行に行ったときに、イヤリングも提案してほしいとリクエストをいただき、コーディネートに合わせていくつかご提案させていただきました。

 

そのお客様は、普段はあまりイヤリングはつけないとのことでしたが、提案したものを鏡に当てて見てもらうと、

「イヤリングがあるかないかで印象が全然違いますね、これからはつけます!」

と大喜びでイヤリングを2つ購入されていました。

 

お客様がおっしゃったように、アクセサリーをつけてるかつけてないかで全体の印象がガラリと変わります。

https://www.farfetch.com

 

お肌に直接つけるからこそ、似合うアクセサリーを身につけることで、お肌が一気に明るくなり、印象も良くなります。

 

ただ、これまでご一緒させていただいた方の中には
「アクセサリーを取り入れたいけど、難しくて手が出せない・・・」
と思っている方がたくさんいらっしゃいました。

 

私も、リングはよく付けていましたが、耳元のことはイメージコンサルティングを受ける前まで、全く考えたことがありませんでした。

 

 

一口にアクセサリーと言っても、指輪、ネックレス、ピアスなど、種類もたくさんです。

お値段もピンキリで、選ぶのが難しいですよね。

 

せっかく買うなら永く愛用できるものを購入したいし。

そう思うと、なかなか手が出せなかったりします。

 

アクセサリーを買いたいけど、買えないと思っている方に向けて、今日はパーソナルカラー別のジュエリーの選び方をお伝えします。

 

 

ジュエリーとアクセサリーの違いとは?

 

その前に・・・ジュエリーとアクセサリーの違いについてお話ししますね。

どちらも聞いたことがある言葉だと思いますが、何が違うのかご存知ですか?

どちらも同じ意味で呼ばれることもありますよね。

 

アクセサリーは、ネックレスや髪飾り、ベルトや時計など、使用素材に制限がないものを総称して呼びます。

ジュエリーよりも、アクセサリーの方が身近な言葉として使ったことがある方が多いと思います。

 

一方で、ジュエリーは地金が金銀、プラチナ、天然石の宝石など、希少価値の高い素材を使用したものを言います。

 

つまり、ジュエリーはアクセサリーの中でも希少価値の高い、限定された素材を使用したものを言います。

なので、アクセサリーとジュエリーは、実は違うんです。

 

ですが、今日お伝えすることはどちらにも選ぶ基準として同じように使っていただけますので、今後のアクセサリー・ジュエリーを選ぶ際に参考にしてみてくださいね。

 

それでは、早速お伝えしますね。

 

Spring

可愛らしく、軽やかでフレッシュ、元気な印象のSpringタイプ。

イエローゴールド、ピンクゴールドのお色が似合います。

果物など、可愛らしさを感じるモチーフがついてるデザインも得意です。

宝石の色は、春の花畑のような色や、フルーティーカラーのような、見ているだけで元気になるような色あざやかな色がオススメです。

https://isetan.mistore.jp

https://www.tiffany.co.jp

 

Summer

ソフトで優しく上品でエレガントな印象の、Summerタイプ。

シルバー・ホワイトゴールドが似合います。

重みがあるデザインよりも、軽さ、涼しげなデザインが得意です。

宝石の色は、爽やかで涼しげな色、梅雨時の紫陽花のような青みのある色がオススメです。

ゴールド系がお好きな方は、ピンクゴールドがお召しいただけます。

https://www.fdcp.co.jp

https://www.mikimoto.com

https://www.fdcp.co.jp

 

Autumun

ゴージャスであでやかな、大人っぽい印象のAutumunタイプ。

黄みが強いものが得意なので、イエローゴールドが似合います。

ピカピカと輝くものよりも、マットな質感、シックでクラシカルなデザインが得意です。

宝石の色は、熟した果実や紅葉のような、深みのある暖かい色がオススメです。

ヴィンテージ調(アンティーク調)のデザインも、とてもいいです。

https://www.farfetch.com

https://www.farfetch.com

https://www.kiya-co.jp

 

Winter

クールでシャープ、堂々とした存在感、強さがあるWinterタイプ。

Summer同様、シルバー・ホワイトゴールドが似合います。

ピカピカ強さを感じる輝きや、重さや強さを感じるデザインが得意です。

宝石の色は、濃く鮮やかで、重みがある色がオススメです。

https://www.farfetch.com

https://www.bulgari.com

https://www.graff.com

 

 

以上、パーソナルカラー別に似合うアクセサリーについてお伝えしました。

 

各パーソナルカラーによって、かなり印象が違いますよね。

自分に何が似合うのかわかりましたか^^?

 

最初にもお伝えしたように、アクセサリーをするかしないかではおしゃれさが全然変わってきます。

そして何よりも、お気に入りのアクセをつけてお出かけするときの気持ち、高揚感も変わってきます。

ぜひアクセサリーを取り入れて、さらにおしゃれを楽しまれてくださいね♡

 

 

 

私は、痛くならないので、キャッチイヤリングを愛用してます。
チャームを変えることで印象も変わるので、色々買いたくなっちゃいます♡

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。