ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

パーソナルカラー診断を受けて、服を選べるようになるにはどうすればいいの?

 

こんにちは。
片瀬慶子です。

 

今日は、パーソナルカラー診断を受けて、服を選べるようになるにはどうすればいいのか? を書いていきますね。

 

 

ちなみに、よほど色の感覚に優れている人でなければ、パーソナルカラー診断を受けただけでは似合う色の服を選ぶことは難しいのですよ。

残念ですが・・・

 

 

せっかく診断を受けたんです。
似合う色を選べるようになりましょう~

 

ではさっそく。

 

パーソナルカラー診断を受けて服を選べるようになるには、
色の勉強をする
色を見分ける練習をする
のが一番効果的です。

 

勉強!?
嫌だな~ 

というお声が聞こえてきそうですけど(>_<)

 

 

知っての通り、一つ一つの色は、

イエローベース or ブルーベース

濁色 or 清色

明るい or 暗い

原色寄り or モノトーン寄り

の要素が組み合わさってできています。

 

一口に 黄色 と言っても、
イエローベース系の黄色かブルーベース系の黄色か、暗い黄色か明るい黄色か、濁色の黄色か清色の黄色か、原色寄りの黄色かモノトーン寄りの黄色かで、黄色の種類が違うのですよね。

 

突然ですが、上の写真は、どちらがイエローベースの黄色で、どちらがブルーベースの黄色か、見分けがつきますか?

 

 

正解は、左がイエローベースの黄色で、右がブルーベースの黄色です。

 

 

こんな感じで、診断を受けて色を選べるようになるには、何かしらの勉強をしたり、色を見分ける練習をしないと、見分けられるようにならないのです。

そのために私のサロンでは、色を見分けらるように、パーソナルカラー活用&コーディネートレッスンで勉強したり、ショッピング同行サービスで、似合う色の服を目で見て確かめてもらうのですね。

回数を重ねるたびに、できることは増えてきます。

私は全然見分けられなかったので、何回も何回も練習しましたよ ^ ^

 

 

せっかくご自分に似合う色が分かったのですもの。

服だけじゃなく、メイクやネイル、靴やバッグ、アクセサリーやヘアカラーにも使いたいじゃないですか♡

 

 

他に方法があるとしたら、診断後にお渡しするスウォッチという、布でできた色見本があるのですが、それを持ってお買い物に行く、という手もあります。

お店で見比べるのは、ちょっと恥ずかしいかもしれないですけどね。

春夏秋冬のすべてが載っているものだと、スウォッチを見ているだけで勉強になるかもしれませんよ。

 

 

という訳で、服の色を選べるようになるには
色の勉強をする
色を見分ける練習をする
スウォッチを持ってお買い物に行く
という方法をお伝えしました。

 

 

ただ結果を知るだけではなく、色を実際の生活で活用できるようになりましょう ^ ^

 

 

この記事が、参考になれば嬉しいです☆

 

 

今日は不労所得収入が入ったので、これから銀行巡りをしてきまーす

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。