ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

【パーソナルカラー診断 静岡】パーソナルカラー 夏 が似合うとどう見えるの? 似合う・似合わないの判断基準とは?

 

こんにちは。
片瀬慶子です。

 

最近パーソナルカラー診断にお越しくださる方は、出会いを求めていらっしゃる方が多くて。

 

行動してるけれど上手くいっていない・・・という方は、パーソナルカラー(似合う色)を身に着けると第一印象がガラリと変わるので、受けることを検討しても良いのかなぁと思います。

目から鱗の知識も加わって、上手くいくようになりますよ☆

 

 

今日は先日の続きで、パーソナルカラーが夏だったらどう見えるのか? という視点で、書いていきますね。

夏だといいな~ という方は、参考にしてみてください。

 

 

夏は、新緑の頃に比べると木々の緑が深みを増す季節です。

パーソナルカラーの夏の色は、夏の強くまぶしい日差しのもと、全ての色が白んで見える景色、夏だからこそ求められる涼しげな色でまとめられています。
花で例えるなら、紫陽花や月見草のような色で、ヒマワリのような強い色ではないです。

 

 

夏の色がお似合いになる方は、エレガントでソフトな優しい印象になります。
少し色あせたような青、ソフトなピンクやローズ系の赤が、品よくまとまとまります。

 

なぜかと言うと、夏のグループは、
「ブルーベース(寒色系)」「高~中明度(明るめ)」「濁色(ソフトな色)」
という特徴を備えているからです。

 

これらの特徴によって、夏の色が似合うと、
「色がきれいに白く、明るく、なめらかなお肌に見える」
という効果がお顔に出ます。

 

詳しく書くと、ブルーベースの反応で、お肌が青みを帯びて見えます。
ブルーベースがお似合いになると、お肌がきれいに白く見え、さらに収縮効果があるため、スッキリ引き締まって見えます。

 

そして高~中明度の反応で、顔色が明るく見えます。
高~中明度がお似合いになると、色素沈着やシワなどの線が目立たなくなります。

 

また、濁色の反応で、お顔立ちがソフトに見えます。
濁色がお似合いになると、滑らかなマット肌に見え、お顔立ちに立体感が生まれます。

 

夏の色をのせると、このような反応が出る方は、夏のグループがお似合いになります。

 

逆に、お似合いにならないと、
「顔が不健康に青白く、膨張して大きく見え、お肌にツヤがなく、たるむ」

というマイナスの反応が出てきます。

 

 

お手元に、夏のグループの服やリップカラーはありますか?

 

 

お持ちの方はお顔周りに当てたり リップをつけて、どんな反応が出るか、チェックしてみてくださいね☆

 

 

明日はパーソナルカラー診断なので、今からテキストの準備をしてきます ^ ^

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。