ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

【パーソナルカラー診断 静岡】ファンデーションの色味とベースカラー(イエローベース or ブルーベース)は連動しますか?

 

こんにちは。
イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

先日、パーソナルカラー診断を受けていただいたお客様から、こんな質問を頂きました。

「化粧品カウンターで肌がウォームと言われたので、
似合う色もイエローベースになるんですよね?」

すごく良い質問です!

 

お肌がウォームトーン(イエローベース)の方は、
イエローベースの服を着てください!

お肌がクールトーン(ブルーベース)の方は、
ブルーベースの服を着てください!

「おおお~~~!分かりやすいっ!」

と歓声をあげたくなるのですが、
実はこれ、誤解ですよ。笑

 

なぜかというと、パーソナルカラーのベース(イエローベース・ブルーベース)と
お顔のアンダートーンは連動しないから。

なので、化粧品カウンターの肌色診断を、自己判断でパーソナルカラーのベースに
採用してしまうのは危険なんですよね・・・

 

実は私、よく「色白ですね。」と言われるのですが、
元は地黒なのです。

中学生の頃からすごく頑張って、美白化粧水をつけてました。

色白、と言われる私の肌ですが、ファンデーションの色はウォーム系
なんですよね。

 

では私のパーソナルカラーは?というと、
16分類でいうと、「夏夏」なのです。

 

パーソナルカラーが夏の場合、ベースはブルーです。

なので私に似合う服やメイクの色は、ブルーベース系なんですよね。

 

こんな感じで、私みたいに
ウォームトーンの肌だけどブルーベース、
クールトーンの肌だけどイエローベース
という診断結果になることもあります。

 

では化粧品カウンターの診断結果は何のためにあるのか?というと
ファンデーションを買うために活用してくださいね。

むしろその結果を信じて、ファンデーションを買う方がおススメなのですよ。
きっと便利な基準になるはず。

意外とファンデーションの色味が合ってるのか、合ってないのかは
分かりにくいですものね。

 

というわけで、リップやチークなど色物は、
パーソナルカラーのものがオススメですが、
ファンデーションはお肌のトーンで選んでOKです。
というか、お肌のトーンで選ぶべきなのです。

なぜかというと、ファンデーションというのは、
素肌に合わせて選ぶのが基本なので。

むしろ洋服に合わせたらダメなのです。
首と違う色になったり、おかしなことになりかねないから。笑

素肌に近いファンデーションじゃないと、色の見え方も変わってしまうため、
素直に素肌に合わせれば良いのです。

なので今お使いのファンデーションが素肌に合っているのなら、
結果に関わらずそのまま使うことができます。

 

パーソナルカラーが分からなくても、
お肌のトーンが分かっていれば、
似合うファンデーションは買うことができるのです。

 

ちなみにファンデーションを選ぶ場合は、
手ではなく顔色と比較して下さいね。
手とお顔では色味が全然違うので。

 

ファンデーションの色味とベースカラーについて、
理解してもらえましたか?

 

うーん、ちょっと分からない・・・
という方は、こちらからお気軽にお問い合わせくださいね。

 

あなたがより一層キレイになれるよう、応援しております!

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。