ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

【パーソナルカラー診断 静岡】好きな色が似合わないと言われたらどうしよう・・・と思う方へのアドバイス

 

こんにちは。
イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

最近、初対面の方とお話ししていて、よく言われることがあります。

 

それは

「パーソナルカラー診断を受けたいけれど、好きな色が似合わないと言われたら
嫌なんです。
だから受けるかどうか、すごく迷ってます。」

というお話。

 

迷うって、私もよく迷って、悩んでました。

もう、いつもいつも勝手に悩んでいて・・・

自分で勝手に、問題じゃないのに、問題だと思ってしまってたんですよね。。

 

ちょっと話がそれてしまいました。

 

では、
「好きな色が似合わない」
と言われてしまったら、どうすればいいでしょうか?

 

ご安心ください ^ ^

 

私が提供するパーソナルカラー診断は、似合う色のトーン(特徴)を診断するもの。

 

似合う色のトーンとは、
暖かみのある色(イエローベース)、
冷たさを感じる色(ブルーベース)、
明るい色、
暗い色、
クッキリと見える色(清色)、
ベールをかけたような色(濁色)、
原色に近い色、
モノトーンよりの色、
というもののことです。

 

もう少し詳しく説明すると、

上の図は色相環、というものの集合図です。

 

この、”ペール”とか、”ライト”と書かれた一つ一つの色相環をよく見てみると、
黄色、黄緑、緑、青緑、青・・・となって、
色が繋がっているのが分かると思います。

 

パーソナルカラー診断では、これらの色相環の中の、

ペールトーンの赤が似合うのか?
それとも、ブライトトーンの赤が似合うのか?
ダークトーンの赤が似合うのか?

を診断するのですね。

 

つまり、赤、青、黄色、緑・・・という、色を診断するものではなく、
暖かみのある赤、冷たさを感じる赤、明るい赤、暗い赤、
という、色につく前の、どういう赤かが似合うのか?
を診断するのです。

 

どういう赤が似合うのか?
を診断するということは、似合う赤の特徴を知ってしまえば、
苦手だと思いこんでいた色でさえも身に着けられるということにもつながります。

 

そしてこれは赤だけでなく、他の色も同じことが言えるのです。

 

ただの緑、ではなく、どういう緑が似合うのか?

ただの黄色ではなく、どういう黄色が似合うのか?

 

全ての色に、そういう、色のトーン(特徴)が存在しています。

 

その、似合う色のトーンを診断するのが、パーソナルカラー診断
という訳ですね。

 

なので、似合う色のトーン(特徴)さえ知ってしまえば、
どんな色でも身に着けられるんですね。

 

おまけに、似合う色のトーン同士でトップスとボトムスを組み合わせてしまえば、
朝のコーディネートに悩むこともなくなります。

 

何度も何度も鏡の前で、ああでもない、こうでもない・・・
と組み合わせるより、すごく効率的だと思いませんか? ^ ^

 

私は朝、10分でも多く眠っていたい性分なので、
朝の支度が時短できる手段を手に入れられて、
すごくラッキーだなと思いましたよ。

 

残念ですが、迷ったり悩んだりしてると、
そのことにエネルギーを使ってしまいますからね。

 

自分ではささいな悩みだと思っていても、すぐに解決していくと、
その後の人生がどんどん開けていきますよ。

 

似合う色を身に着けて、
服とメイクでガラリと変身したいあなたを応援してますね!

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。