ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

【パーソナルカラー診断 静岡】どんな人から診断を受ければいいの?と思ったときに読んでください♡

 

昨日は、開業したときから使っていた お客様にお渡しするパーソナルカラーのテキストを
リニューアルしてました^^

初心者の方でも より分かりやすくなっているので、復習しながら何度もお読みいただいて
もっと楽しくお買い物に行けますように♡
という願いを込めてます。

 

こんにちは。
イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

私は起業してから、コンサルをつけてます。(イメージコンサルタントではありませんよ^^)

なぜかというと、個人事業主って、自己投資していかないと、どうしても成長が止まってしまうので。。
会社と違って研修もありませんし、ずーっと同じところでぐるぐる悩んでる自分は、なんとなく好きになれないのです。

 

そこで今日は、メンターから教えてもらったことが色々な場面で使えそうだったので、シェアしますね。

 

師事しているメンターのブログにもあったのですが、

私たちって、どうしても目先の利益や結果にとらわれてしまいませんか?

 

例えば、占い、カウンセリング、骨格診断、パーソナルカラー診断・・・etc.

 

誰から受けたら

彼と復縁できるだろう とか、

絶対、似合う色を見つけてもらえるだろう とか、

彼からプロポーズされるだろう とか。

 

どうしても、そういう目線になってしまいがちです。

 

もちろんかつての私もそのタイプで、

シャンプー一つ買うだけでも、レビューを読みまくったり、

カウンセリングを受けるのも、その人が書いたブログやご感想を読み込んだりして。

 

もちろん、そういうふうに、実績や学歴や年商や性格・・・を調べるのはアリです。

「お金を払って教わる先生がどの程度の実力があるのか?」を情報収集するのは当然です^^

 

とは言っても、どうしても、自分にとっての最高な結果が出てほしい、と思いますよね?

 

そういうときは、オーダー という手を使います。

 

例えば、どうしても、診断やカウンセリングでベストな答えが欲しい場合。

 

次に会う先生(今の先生)は、私の未来を最高に輝かせてくれる、唯一無二の先生だ!

 

というオーダーをします。

 

すると、その先生の実力がイマイチだったとしても、こういうことが起こります。

 

・なぜかあなたとのセッションのときだけ、素晴らしいひらめきがおりてきて、ものすごく的確なアドバイスをもらうことができる。(他の人に対しては、普段の実力通り)

・たまたま、あなたのコンサルティングの前に、別の人からアイデアをもらっていて、それがあなたにピッタリのものだった。

とか。

 

こういうオーダーをすると、仮に目の前の先生に実力がなかったとしても、あなたに最高の結果が訪れますよね?

つまり、先生の実力がどれほどのものかが、関係なくなってくるのです♡

 

さらに良いことがあって、どんな人を先生にしたとしても、相手の最高の実力を(むしろ実力以上のサポートを)引き出すことができるので、先生の実力すらもこちら側に決定権がある。と言う見方です^^

 

※先生とあなたとの相性もあるので、これがすべてではありませんよ^^

 

で、これを会社の上司、後輩ちゃん、とかに当てはめるとどうなるでしょうか?

 

「脳のトレーニング」を深めていくほど、自分の視点の持ち方一つで、周りの人が優秀な人だらけになるのが面白い、今日この頃です^^

 

こんなことして効果あるの?

と思うかもしれませんが、試しにやってみてくださいね☆

 

カウンセリングやコンサルティングなど、誰かからセッションを受けたいときの
参考になれば嬉しいです♡

 

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。