ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

パーソナルカラーを見分けるコツ ー 似合う色は知ってるけれど、イエローベースかブルーベースはどう見分けたらいいの?~黄色編

 

こんにちは。片瀬慶子です。

 

3週間前から自宅の固定電話とWifiが繋がらなくなってしまって・・・
先週は様子見でしたが、ようやく復活しました^^
普段はネットサーフィンと夜更かし大好きですが、故障中はあまりにも暇だったので、夜10時には寝てました。
Wifiが繋がらなくなったのは、早く寝なさいよ~ というサインなのかもしれませんね。

 

さて、今日はこちらの続き、
イエローベースとブルーベースの見分け方の、黄色編です。

 

さっそくですが、質問です。

下の写真は、[黄色]ですが、
どちらがイエローベースで、どちらがブルーベースでしょうか?

 

 

答えは出ましたか?

 

正解は、

左: イエローベース(ウォーム系)の黄色
右: ブルーベース(クール系)の黄色

です。

 

ここでのポイントは、

温かみを感じる ⇒ ウォーム系(イエローベース)
冷たさを感じる ⇒ クール系(ブルーベース)

ということ。

 

 

温かみや冷たさなどの 感覚ってちょっとよく分からない、理論で覚えるほうが得意かも

という方は、

イエローベースを代表する緑・・・
マンゴーのような甘味を連想させるオレンジ寄りの黄色

ブルーベースを代表する緑・・・
レモンのような酸味を連想させるグリーン寄りの黄色

という風に覚えると簡単ですよ ^ ^

 

 

私はパーソナルカラーが夏夏で、実は昔から黄色が苦手でした。

お客様の中にも、ブルーベース系が得意で 黄色が苦手という方はいらっしゃいます。

 

苦手な方は、あえて黄色を着る必要はないと思います ^ ^

 

パーソナルカラーが夏や冬の方で、黄色は苦手だけど、もしどうしても黄色を身に着けなければならない場合、ブルーベースの黄色を選ぶだけで、全然違って見えますよ♡

 

ブルーベースの方の、黄色を選ぶポイントは
「これって黄色なの?ライムグリーンなの?」
と迷うくらいグリーン(青み)がかった黄色を選ぶこと。

 

極力青み寄りの黄色を選ぶことがポイントです。

 

逆に、イエローベースの方は似合う黄色は選び放題。沢山ありますよ!

オレンジがかった黄色を ぜひ探してみて下さいね。

 

 

そして ただ診断を受けるだけでなく、似合う色を自分で選べるようになると、おしゃれの幅がグンと広がって、安心してお買い物できるようになりますよ ^ ^

 

お店に行ったら、この記事を思い出してもらえると嬉しいです♡

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。