ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

【男子ウケするファッション】男ウケするレディースファッションとは?

 

こんばんは。

女性のパートナーづくりを応援している イメージコンサルタント 片瀬慶子です。

 

最近、よく聞かれます。

「男ウケするファッションってあるんですか?」

って。

 

女性だったら

「好きな服が着たい!」

って思いますよね~

 

うんうん、分かります。

私も、ずーっと好きな服を着てました。

特に、20代のころは。

もちろん、好きな服だけを着てても、彼氏はいましたよ。

 

ただ、今考えると、自分が好きな服だけを着てると、

ストライクゾーンが狭くなるのかなって思います。

 

それに、

ストライクゾーンが狭くなっても、

「好きな服を着たいな~」

という方もいらっしゃると思いますし。

 

とは言っても、男ウケする

モテるファッションは、コンサバ系です。

 

コンサバって、女子アナに代表される、

あまり自己主張のない、清楚な服装を想像してもらうと

分かりやすいです。

 

例えば、淡いピンクのワンピースとかです。

女性らしくて、守ってあげたい、という感じがしませんか?

 

とは言っても、いわゆるコンサバ系のファッションが好きでなかったり、

ファッションが大好きで、強いこだわりを持っている女性は困ってしまいますよね。

 

今回は、そういう女性こそ読んでほしいと思って書きました。

 

ファッションや、あなたの外見は、男性や、あなたに関わる周りの人に、

メッセージを伝えてるんですね。

 

分かりやすく言うと、例えばコンサバ系のファッションだと

「私は女性としての常識を持っています。

結婚すれば家庭的になります。」

ということを言ってるのと同じなんです。

(注:女性は狩りをする時代から、お料理や洗濯をするのが

仕事です。つまり、家事は使命・役割です。)

 

そして、個性的なファッションの場合

「私は普通の女性ではありません。

自分大好きで、こだわりが強く、

あなたに合わせる気はありません。」

ということを伝えてるんですね。

 

 

考えてみてください。

パッと見て、どちらの女性とお付き合いしたいと思いますか?

 

 

では、自分の好きなファッションでいられて、かつモテたい女性はどうするか?

ということですよね、知りたいのは。

 

これ、方法は2つあります。

 

1つは、最初はコンサバ系のファッションにして恋人を作り、

その男性と付き合ってから、ファッションではなく、

普段の言動であなたの内面や、メッセージを彼に伝えていく方法。

 

もう1つは、男ウケするファッションと、あなたが好きなファッションを

上手くブレンドさせる方法。

男ウケするファッションをしつつ、あなたのファッションの

全体の中で数%を、あなたが好きなものを取り入れてください。

 

この方法は、インフィニティレッスンを受けてくださった方には

詳しくお伝えしてますが、

自分の好きなものを取り入れられるのでストレスがなくなって、

「すごく気に入りました」

と言われることがほとんどです。

 

 

ファッションやメイクの勉強って、笑っちゃうくらい楽しくて、

一生ものの知識になるんですが、

「私は変わりたくない!

このままでいたい!」

という方もいらっしゃいます。

 

それはそれでいいんです。

 

 

どちらの方法でも、付き合っていくと自然と人となりは見えてくるもの。

 

なので、あなたという人を丸ごと認めて、愛して、愛されてくださいね♡

そのほうが、スーッと上手くいきます。

 

今回も、最後まで読んでくださってありがとうございます!

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2020年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。