ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

【30代 アラサーファッション】痛い人、に思われない服の選び方

 

こんにちは。
「理論」と「視覚」で似合うファッションを提供している
イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

私が20代の頃から30代前半にかけて通い詰めた
Lois CRAYONというファッションブランド。

ここには、質の良い生地で作られた服がたくさんありました。

 

もちろん生地だけではありません。

花柄や風景画、刺繍が施された可愛らしい柄やデザインのものが
所狭しと並べられて、いつ行っても
「もっとたくさん服を買えたらなぁ」
と思っていました。

 

このブランドには、質が高くてモノが良い服ばかりが
売られていました。

 

そんなお店なので、メインターゲットは20代OLですが、
50代、60代の女性のお客様もいらっしゃってました。

 

そうです。
お察しのとおり、年齢を重ねると、
ファッションには質の良さが求められるのです。

 

「まだ着られるから」
といって、年を重ねた人がいつまでも20代前半の方を対象にした洋服を着続けるのも
どうかと思うのです。

 

特に30代前後の方は危険です。

 

10代20代は若さが武器になります。
お肌の質感やあどけない表情、まだまだ成長段階の身体のラインなど、
安価な素材のお洋服もかわいく着こなせることができますよね。

 

大人だから着こなせるお洋服やヘアメイクが似合っていないとしても、大人になりたくて背伸びしている姿は、可愛らしく映ります。
そして、全員が同じファッション、ヘアメイクをしている女の子達に出会っても、流行ってるんだね♪と微笑ましく眺められます。

 

そして、これを30代までそのまま引きずってしまうと
「まだそんな服着てるの?」
と、かなりの違和感が出てきます。

特に、フリフリしたリボンがついたもの、むやみやたらと着飾って可愛く見せようという意図があるもの、ミニスカートやキャミソールのような露出が多すぎるものは要注意です。

 

私は童顔ですが、さすがに30歳を超えたあたりから
「どうしよう、どうしよう、着る服がないー」
と焦りだしました。

 

そんな自分をどうにかしたくて、思い切ってイメージコンサルティングを受けました。

受けた結果、そこには私がまだ知らなかった世界が広がっていたのです。
ますますおしゃれするのが楽しくなったのは、言うまでもありません♡

 

30代以降の方は「自分なりのおしゃれ軸」を見つけて、自分のパーソナリティに合ったものを身につけていただきたいな、と思ってます。

 

あなたはどんなファッションで、生活を潤しますか?

 

今日も最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。