ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

【おしゃれなファッションを楽しみたい女性へ】今年の春は何を着るか、決まってますか?

こんにちは。

イメージコンサルタント 片瀬慶子です。

 

あと半月すると、3月ですね。

私は寒がりなので、3月が待ち遠しいです♪

 

そしてさらに、春は

重ーいコートを脱いで身軽になりつつ、

きれいな色を大手を振って着られるようになるので♫

想像するだけでワクワクします♡

 

 

そんな、楽しみな春なんですが、

これを読んでるあなたは、今年の春はどんなファッションにするか、

決まりましたか?

 

 

ちなみに、今年のトレンド(流行)は、

エスニック調、レトロなフラワー柄、エクストリーム(やりすぎ)、ガーリー(少女っぽい)

色はピンク

と言われてます。

 

 

今、流行のものを書きましたが、

私は必ずしも流行ってるものを着てほしい、とは思っていません。

 

なぜかというと、おしゃれに見えないから、です。

 

で、どうしておしゃれに見えないのか、というと・・・

多くの人が着ているから。

定型化しているからです。

 

 

要するに、その他大勢と一緒だから、なんですね。

 

 

大勢の人が着ている、ということは、飽きている状態

です。

 

飽きているということは、他人から見ると、

飽きられている状態(もううんざり)、

ということにもなりますよね。

 

飽きられているということは、その他大勢(みんな)と一緒なので、

おしゃれに見えない、ということになるんです。

 

 

そして、定型化。

 

定型化とは、決まった型のこと。

 

例えば、

一粒ダイヤモンドのネックレス、Vネック、デニム、スニーカー、トレンチコート

という組み合わせでしょうか。

 

 

この組み合わせだと、どんなにがんばって色々やっても、

おしゃれに見えないんですよね。

 

女子高生が制服を色々工夫するじゃないですか。

それと同じだと思うんです。

 

つまり、みんなが着てる状態で、定型化すると、

もうおしゃれに見えなくなってしまうんですね。

 

 

そして、こういうのを着てしまう気持ち、分かるんです。

というか、私も着てましたから。

みんなと同じに見えるようなものを。

それに、周りと同じだと、安心できますしね。

 

 

じゃぁ、おしゃれになるにはどうすればいいの?

というと。

 

 

とりあえず、やめましょう!

 

何をやめるかって、

みんなと同じ状態、同じような組み合わせから、です。

とにかく早く!

 

 

そして、こういうことは、もうすでに多くの方が気づきはじめてます。

 

なので、その先に行かないと、おしゃれになれない、

ということになるんですね。

 

 

ややこしかったですか??

 

 

うーん・・・

おしゃれって何?

 

と、おしゃれについて悩んでしまったあなた。

 

 

もうそろそろ、自分だけのおしゃれの方法を

見つけませんか?

 

無料オンラインセッションで、お待ちしてます♪

 

詳しいご案内はこちらです。

 

いつも最後まで読んでくださって、ありがとうございます!

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。