ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

【ビッグシルエットについて】流行遅れにならないために、これだけは知ってほしいこと。

こんにちは。

イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

 

寒くなってきて、ほとんどの方がコートを着てますよね。

 

この2年くらい、コートのシルエット(形)が変わってきました。

その前と、何が違うのか?というと、

ビッグシルエットになった、ということです。

 

ビッグシルエットって、知ってますか?

 

ビッグシルエットとは・・・

ビッグ=大きい

シルエット=形・輪郭

です。

 

つまり、大きな形をした服、という意味です。

 

そして、女性のファッションでは、2年ほど前からこの、

ビッグシルエットに、流行が変わってきました。

 

その前までは、細めのシルエットだったんですね。

 

そして、その、さらに前は、ビッグシルエットでした。

さらに前とは、バブル期~1990年半ばのころです。

この、バブル期にも流行ったビッグシルエットですが、

では、このときに買ったコートやトップスを今流行っているし、着よう!

と思うと・・・

流行遅れの人になってしまいます。

 

(あ、着てもいいんですよ。本当に着たければ、の話です。

物持ちが良いのも素晴らしい才能です。)

 

そして、なぜ流行遅れになってしまうのか?というと、

今流行っているビッグシルエットは、バブル期~1990年半ばに流行ったシルエット(形)とは、

すこーし形が違うからなんですね。

 

では、具体的にどこが違うのか?というと・・・

当時とは、袖の太さが違うんです。

そのころに流行っていたのは、身幅が大きく、アームホールや袖幅も大きかったんです。

つまり当時は今と違って、袖もかなり太かったんです。

 

では、今流行っているビッグシルエットの特徴は?というと、

袖幅はそんなに広くないんですね。

つまり、袖幅はタイト(細め)で、身幅だけが広くなってるんです。

 

ここまでの話をまとめると、

バブル期~1990年半ばのシルエット・形は 身幅、袖幅がともに大きい・広い

2004年頃~2013年のシルエット・形は 身幅・袖幅ともに細い

2014年頃~今現在のシルエット・形は 身幅は広く、袖幅は細い

です。

 

 

なにが言いたいのか?というと、

流行やトレンドは復活しますが、洋服のシルエット(形)は、

全く同じではありません。

 

服を買うときは、どこが違うのかを見極めて、選べるといいですよね。

 

何が必要か、何が要らないかを十分に考え、

あなたにとって、本当に必要な服を選んでくださいね。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。