ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

アフタヌーンティーやお茶会での服装で気を付けたほうがいいこと。

 

こんにちは。

イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

最近、ようやく暖かくなってきましたね~
今日はお散歩に出かけたら、かなり暑くなってしまいました。

 

起業するとお茶会に招かれたり、ホテル等でのアフタヌーンティー
パーティを計画したり、ということが増えてきます。

あなたの姿って、ホテルの人からも、もちろん周りの方からも、チェックされてますよ!

特に見られるのは、バッグや靴、コート。

この、身に着けるものによって、通される席も変わることが頻繁にあります。

例えばザワザワする入り口だったり、景色がよく見えない場所だったりと・・・
せっかくのお茶会なのに、残念ですよね。。

 

私は大勢で楽しむのも好きですが、
一人でのお茶が大好き。

 

休みの日は、ホテルで温かいお茶をいただきながら
のんびり読書をするのが至福の時間♡

 

ゆったりとした気分で過ごせます。

 

そして、お茶を楽しむ中で、お客様にご提案する
ファッションアイテムの組み合わせをひらめくこともあるので、
周りの環境や、ホテルサービスが充実しているのが重要です。

 

ホテルでのお茶会は、起業家に限らず、多くの女性が
日常的に楽しんでいらっしゃいますよね。

 

ランクの高いホテルでも、ラウンジの使用は割と開放的なので、利用される
お客様もカジュアルに受け取られていらっしゃるようですよね。

 

そして、ホテルラウンジを利用する際は、ある程度の身だしなみ(ファッションのマナー)
があります。

 

女性が周囲に馴染みやすく、受け入れられやすい洋服の組み合わせは?
というと、上品な形(シルエット)やアイテムを
どこかに取り入れるのが一番の近道。

 

他にもハイヒールやバッグ、アクセサリーで女性らしさを取り入れるのも
良いと思います。

頭からつま先まで、全身を女性らしくしなくても、
その日の服装のどこか数ヶ所、女性らしい要素を
取り入れられることがおススメの方法。

 

ところで、女性らしい…と言われるとフェミニンやエレガントな上品さを
想像する方も多いはず。

意外と、スポーティーや都会的な系統(ジャンル)でも女性らしさを表現するのは
十分に可能なんですよ。

そういったとき、お一人お一人の個性で表現に多少の差が出てきますが、
慣れてくるとコツがつかめるようになりますから♪

 

ホテルラウンジやレストランを利用する際、
ある程度の身だしなみが自然と理解できるような、
普段からの心がけが大切です。

 

そういったことを楽しみながら自然に取り入れられると、
ますます女性らしさに磨きがかかります。

 

日常生活でも、器を丁寧に扱うだけでも違いますよね。

先日お越しいただいたお客様からは、お味噌汁のお椀とお箸の持ち方を聞かれたので、お伝えしました。
和食は基本ですからね。

 

おしゃれに磨きをかけて、思い出に残る
ような楽しい時間をお過ごしくださいね。

 

今回もお読みいただき、ありがとうございました。

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。