ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

大事なお洋服を長持ちさせたい方は見てくだい!12月1日より、洗濯表示が変わります。

こんにちは。

イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

11月に入りましたね。

今年もあと、2ヶ月で終わってしまいます。

月日が経つのが、年々早くなってくるのを感じます。

 

今日は、

大切なお洋服を大事に大事に着たい。

お洋服を長持ちさせたい!

というあなたのための記事です。

 

洋服なんて使い捨て!

お手入れなんてどうでもいいや~

という方は、読まなくて大丈夫です。

 

あなたはご存知でしょうか?

2016年12月1日より、洗濯表示が変わります。

洗濯表示って、こういう表示のことです。

20161102

服の裏に、ペラペラしたタグがついてますよね。
あそこに印字されてます。

 

で、その表示方法が、今年の12月1日から、変わるんです。

正確にお伝えすると、12月1日から販売される衣類に
ついているタグの表示方法が変わります。

今までの洗濯表示のマークは、22種類でした。

それが、41種類になります。

 

それも、ただ種類が増えるだけではないんです!

なんと、パッと目で見ただけでは分かりにくいものも
出てきてしまうんです。

例えば、今までは「手洗イ」と書かれていたものが
表示されなくなってしまったり。

となると、タグを見たとき、
これは洗濯機や手で洗えることができるのだろうか?
という疑問が出てくると思います。

 

これって、新しい洗濯表示マークを覚えるまで、結構大変だと
思いませんか?

私は記憶力悪いから、無理! だと思ってます。

なので、マークを覚えられるまで、表示されたものをどこかに
張り付けておくつもりです。

 

少し話がそれてしまいましたね。

 

では、今回、なぜ洗濯表示が変わるのか?ということですが。

それは、国際基準に合わせるためなんです。

そうすると、世界に共通している表示なので、
外国の方も、日本製品の衣類をお手入れしやすく
なりますよね。

逆に言いますと、外国製の衣類を買っても、タグを見れば
洗濯方法で迷いがなくなる、ということにもなります。

 

あなたは、こんなよく分からない表示、見たことありませんか?

20161102-2
出典:http://www.caa.go.jp/hinpyo/pdf_data/150331_kouhyoubun.pdf

12月からは、こんなふうな、あまり見たことのない表示が
タグについてくるんです。

 

え~!困った!

洗濯表示のことをもっと詳しく知りたい!

というあなたは、こちらの動画をご覧になってください。

政府インターネットテレビ
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg13746.html?nt=1

 

衣類を長持ちさせるには、衣類に合った洗濯方法を選ぶのが
大切です。

 

そのために、まずは洗濯表示を確認するのが必須条件。

 

タグを見るの、めんどくさーい!

と思われるかもしれませんね。

でも、お気に入りのお洋服を1日でも長く楽しむために、

ほんの少し、手間をかけてくださいね。

 

お洋服に愛着を持ってるあなたのこと、私は大好きです♡

 

今回もお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。