ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

 

文章を読み進めてもらう前に、まず大前提ですが、「好きで似合う服」があらかじめ分かってると、「流行アイテム」を買うか買わないか、もしくは安いものを使い倒してOKなのかがはっきりするんですよね。

反対に、「好き」も「似合う」も分かってないと、結局自分の気持ちを誤魔化して服を選ぶことになるので、大げさですが いつまでたっても妥協の人生となり・・・
服選びってささいなことですが、ささいなことの気持ちに敏感に気づいていかないと、結局恋愛や人間関係も言いたいことが言えなくて、上手くいかなくなるのです。

服選びも人間関係も、自分の気持ちには、敏感に気づいていきたいですよね♡

 

こんにちは。
イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

このブログは、「好きな服」「似合う服」というワードで
検索されることが多いです。

皆さま、読んでくださってありがとうございます!

 

なので改めて、私が定義する「好きな服」と「似合う服」は
どこがどう違うのか?を書いていきますね。

※これはあくまでも私の考えです。

 

そして言葉の違いを知っていただくことで、ショッピングに役立ててくださいね。

 

まず、「好きな服」についてです。

これは服に限らずなんですけど、「好き」というのは「感情」から派生するものです。

なので、「嫌い」も感情ですし、「嫉妬」「怒り」「悪いことしちゃったな」「こわい」などもそれにあたります。

例えば
ウインドーショッピングをしていて、
「あの服かわいいー
着てみたい!」
と思いますよね?

服を目で見たことにより、「好き」「欲しい」「着たい」という感情が出てくるのです。

もっと分かりやすく言うと、トマトを見て「好き」と思うか「食べたくない」と思うか、の違いです。

なので、「好き」という思いは、服だけを目で見たり、服の感触を手で確かめたりしてから
沸き起こる感情、ということになります。

 

ここまでついてきてますか?

 

次に、「似合う服」についてです。

人それぞれ定義があると思いますが、私が言う「似合う服」は
外見から客観的に見た姿のことです。

外見とは外から見た様子のことです。

なので「似合う服」とは、その人を外から見ての
「似合う」「服」ということになります。

 

ここまでついてこれてますか?

 

そして人間は「お顔」と「体」で構成されてます。

まず その方の「お顔立ち」に「似合う服」があり、
そして その方の「体」に「似合う服」が
それぞれある、ということになります。

 

これも例えを挙げて説明しますね。

この記事を読むということは、服についてそれなりに詳しい方だと思うので、レベルを高くして説明します。

例えば服を試着しようとしたとき。
黄色の服と青の服があったら、どちらがお肌やお顔になじむと思いますか?
黄色を当てるとくすみが目立つという場合は、黄色が似合わない可能性が高いです。
青を当てると顔色が青ざめて見えるという場合は、青が似合わない可能性が高いです。

黄色と青、どちらが似合うか分からないな、という方のために。
無地のTシャツとボーダーのカットソー、どちらの方がお顔が寂しそうに見えますか?
中には地味な顔だから、顔周りに柄物やビジューが施されたものを着てます、という方もいます。

そしてこの、「似合うかどうか」を確認するときって、鏡の前で服を当てているときや、試着した後、
必ず誰かに見てもらったりとか、鏡で自分の姿を目で見て確認しますよね?

誰かに見てもらったり、鏡で目で見て確認するのは何のためでしょうか?

見る人によって客観的に判断できる程度の差はありますが、「似合うかどうか」を目で見て確認した後に「似合うかどうか」を判断できるということになります。

 

長くなったのでまとめますね。

「好きな服」は「服」を見ただけで、あなたの「好き」という感情から芽生えるもの。

「似合う服」というのは、「服とあなたの姿」を鏡で観察して、似合うかどうかを判断するものなのです。

 

「好きな服」と「似合う服」、あなたが着たいのはどちらですか?

そしてもちろん、「好き」で「似合う服」を自分で選べるようになるのも、十分可能なんですよ。

ファッションの悩み、サクッと解決してしまいましょうね!

 

今日も最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。