ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

【バッグの色の選び方】何にでも合うバッグはありますか?

 

昨日はメンターとのセッションの日でした。

一週間以上悩んでたことをあっさりと解決してもらい、
ルンルンで帰って来ました♡

意外と忘れがちですが、時間は有限ですからね ^ ^

 

こんにちは。
片瀬慶子です。

 

コンサルテーションをしていると、たまに出てくるバッグの話。

結論から書きますね。

何にでも合うバッグは一部を除き、ありません。
残念ですが・・・

 

ただ、合わせやすいバッグを選べるようになる自分になることはできます。

そしてもっと言うと、おしゃれさや素敵さなど、評価や勝ち負けの世界とは無関係、ライバル不在の世界を選べる自分になることもできます。

恋も仕事もファッションも起業も何もかもがダメダメだった私は、あえてライバルがいる世界を選んでたんですよね…

ということを踏まえて、先を読み進めてくださいね。

 

 

バッグに関する体験談を。

ふと入ったお店で、
「あぁ、このバッグ買いたいなぁ」
と思う、素敵な黒のバッグがありました。

当時の私は、買い物依存症真っ只中・・・

先にバッグを買ってしまって、家に帰ってから
「どんなコーディネートにすればいいんだろう」
と考え込んでしまったのです。

黒は一見、合わせやすい色に見えますが、
それは本革の場合。

私が衝動買いしたのは、
ガンメタルのような光沢のある黒の、キルティング模様だったのです。

おまけにバッグの持ち手に赤のラインが入っていて、
その赤のラインに惹かれた訳ですが、
赤い服を持っていなかったこともあり、
「ちょっとカジュアル気味で合わせにくいなぁ」
と思いながら使っていました。

買ったときはすごく気に入ってたんですけどね。

 

 

という訳で、前回の記事の続きです。

 

4.バッグを差し色として使う

おしゃれには、「差し色」という考え方があります。

バッグをこの、「差し色」として使うのもおススメです。

物を入れるためのバッグですが、実用的なものとして使うのではない場合、
アクセサリーのような、飾りの要素として使う場合があります。

例えば、パーティー用のクラッチバッグ、小さなパーティーバッグ、
ボディ用のクロスバッグなどがそれにあたります。

その場合は、全体コーディネートの差し色として、全く違う色のバッグを
持ってくることができます。

例えばグレーのグラデーションの服に赤いバッグ、
紺一色のコーディネートにチェリー・ピンクの小さめバッグを一点投入すると
その色を際立たせることができて、可愛いですよね。

つまり、バッグの色を目立たせることにより、おしゃれ度合いが増すのです。

 

5.全身コーディネートを無視しても良いもの

いつも全身コーディネートが大事だと思ってますが、例外があります。

それはかごバッグや、金や銀のキラキラしたビニールワイヤーバッグです。

かごバッグは水草、ラフィア、サイザル麻、ラタン等の天然素材で作られています。
検索したり、イメージしてもらうと分かると思いますが、これらの素材は植物から
できているので、色合いが決まってますよね?
なので、コーディネートの全体的な色合いが違っていても、問題はないのです。

ワイヤーバッグというと、アンテプリマが有名です。
こういったバッグも、どちらかと言えばアクセサリー感覚で持つことが前提となっています。
なので、金や銀のジュエリーと合わせるのと同じ感覚で使えば良いでしょう。

また、ご自分のパーソナルカラーを知っていて、使っているのであれば、
夏や冬のブルーベースの方は銀色を、春や秋のイエローベースの方は金色を持つと、
全体的なコーディネートにまとまりが出てきます。

 

 

色々アイデアを書いたので、バッグの色の選び方をまとめますね。

 

全体的なコーディネートに統一感やまとまりを出したい場合は、
色を合わせるのが基本です。

選んだ靴が黒や茶色のローファーや、オーソドックスなかっちりしたパンプスの場合は、
バッグの色を合わせると、より一層どこに行っても大丈夫なコーディネートになります。

 

もしそうではない、カジュアルなコーディネートの場合は、
必ずしもバッグの色を合わせる必要はありません。

靴がカラフルなサンダルやエスパドリーユ、スニーカーなどの場合、
バッグの色を合わせる必要はなくなります。

 

そしてバッグ自体を差し色として使うこともできます。
その場合は靴や服と合わせる必要はなく、アクセサリーを付け足す感覚で、
色を付け足すと考えていけば良いのです。

 

このように、バッグの色の選び方は、様々な考え方があり、複雑です。

考えても分からなかったり、そもそも考えるのが面倒な場合は
服や靴の色と同じ色を選ぶ、というのが一番無難で簡単な方法です。

靴が黒や茶色しかない、という場合は、
バッグも黒と茶色を揃えておけば
黒の靴でも茶色の靴でも両方使えるのでおススメです。

 

**

さて、私が最近愛用しているバッグの色は
グレー、黒、紺です。

地味、、、
と思われるかもしれませんね。

ですが、私はパーソナルカラーが夏夏なので、
特にグレーと紺は服や靴に合わせやすくて
気に入ってます♡

以前はスカートでもカーディガンでも、
グレーとベージュで迷ってたので
お買い物の時間が大幅短縮したんですよ。

**

 

おしゃれにルールはありますが、絶対的な答えがある訳ではありません。

 

残念ですが、人にはそれぞれの好みがあるからです。
2割の人に好かれ、6割の人はどちらでもない、2割の人からは嫌われる、
という法則があります。
なので、万人受けする外見は存在しないのです。

ということで、色々試してみましょう。
やっているうちに楽しくなりますし、自分なりのルールが見つかるはずです。

もちろん、メンタルを鍛えたり、服や小物を選ぶ基準としてパーソナルカラー診断を受けてみる、
ということも一案です。

 

私はおしゃれを楽しむ人を増やしたいと思ってます♡

 

同じことでグルグル悩む時間、あなたは減っていますか?

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。