ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

【知っておくと得する!】冬に差が出るコートのマナー

こんにちは。

イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

今日の静岡は、薄い日差しなんですが、風がほとんど吹いてません。

もう少し、気温が高いとあったかいのにな~、と思います。

 

あなたがお住まいのところはどうですか?

 

こんなに寒いと(これからもっと寒くなりますが…)、

コートを着たり、マフラーを巻いたりしますよね。

人によっては、帽子をかぶったり、イヤーマフをしたり・・・etc.

 

実は、外出先でのコートや小物類の扱い方にも

マナーがあるって、知ってましたか?

 

これから年末年始にかけ、お仕事でも、プライベートでも、

訪問することが増えますよね。

 

これを読むと、訪問先の方や、彼のお母さんからも

「常識のある子だわ」

「気遣いのできる人なんだなぁ」

と思われますよ。

 

そう思われたら、きちんとしてることが認められたみたいで、

嬉しくなりますよね♪

そして、こういったマナーを知ってるだけでも、何よりあなたが

安心できると思うんです。

 

今回は、冬の訪問先で

気遣いのできる人だなぁ

と思われるようなマナーをお伝えしますね。

 

マナーと言っても、

すぐにできる、簡単な方法です。

 

それは・・・

訪問先ではコートや小物類を取って入る、

ということです。

 

もしかしたら、

「えっ、これだけ~??」

と思われた方、いらっしゃいましたか?

 

それとも、

「実際にできるかどうかわからない!

あなただからできるんでしょ!」

と、感じてしまったでしょうか。

 

そんなふうに感じるあなたも、理由を知ってしまうと

やったほうがいいなぁ、と自然と考えが変わりますよ。

 

コートやマフラーは、外出するために

身につけるものですよね。

 

外にはチリやほこりがたくさん舞ってます。

コートなどの、身につける衣類は、それらの

チリやほこりを防いでくれる役割があるんですね。

 

それをそのまま着ていたら、外のチリやほこりを

室内に持ち込むことになってしまいますよね。

 

そういったことを防ぐために、

コートや小物類を先に取って、室内に入って

ほしいんです。

 

それができると、

丁寧なしぐさができる人

というイメージを与えられますよ♪

 

あなたはもしかしたら、

マナーって敷居が高そうで難しい!

身につけても役に立たないんじゃないか…

と思っていたかもしれませんね。

 

そんなふうに思うのも、仕方がないと思うんです。

 

 

これを読んでくださってるあなたは、

簡単にできるなら、もっと知りたい!

という思いに変わってしまいましたよね。

 

実際は、これくらい簡単なんですよね。

思いやりのあるしぐさや行動って。

日常生活でも役に立つことが多いですし。

 

だからこそ、あなたには知って、自然と使えるようになって

いただきたいんです。

 

 

マナーについて、まだまだお伝えしたいことがたくさんあるので、

また読んでくださいね。

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。