ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

【職場のお菓子の配り方】人数分がないとき、あなたならどうしますか?

 

こんにちは。
イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

私のコンサルテーションでは、ファッションやメイクだけでなく、マナーやコミュニケーションについてもお伝えしてます。
そうすると、あなたの全体的イメージが大きく変わり、昇進やお給料アップ! という道も開けてきますからね。

 

私が派遣社員だったころ。
当時は事務をしてました。

 

事務というと、それこそ色々なことをします。
備品管理から経費処理、コピー用紙の発注など、仕事は多岐にわたります。

 

仕事の一つに、当時は、社外のお客様から頂いたお菓子や、社員から頂いたお土産も配ってました。

 

そのとき、特に社外のお客様から頂戴したものは、残念ながら数が足りないことがありました。

そういうときってどう配るか、迷いますよね。。

切ったり折ったり、なんとか人数分を用意し、平等に渡そうとする方もいらっしゃいます。
それも悪くはありませんが、ベタベタと触るのを衛生面から嫌う方もいます。

 

人数分に満たない場合は、平等分配はきっぱり諦めることが楽になる方法です。

 

では、どうやったら公平に配ることができるでしょうか?

 

私だったらまず、数が足りないことをあらかじめ伝えます。

その上で、あまーいお菓子が苦手な方、食後でお腹いっぱいの方、仕事が忙しくてキャンセルします、という方、「今回はどうぞ」と言って、人間関係を優先される方などの状況に合わせます。

甘いものが苦手、という男性も多いですからね。

 

こうして給湯室など、リラックスして気軽に立ち寄れる場所に「○○様よりいただきました」と書いて準備します。

 

この手順を踏めば、公平に配ることができるでしょう。

とは言っても、まれに全員が遠慮する場合もあります。
そうなっては本末転倒・・・

 

なので「早いもの順で」と、付け加えておきます。

 

女性はあまーいお菓子が好きな人も多いはず。

お菓子が足りないことでかえって思いやりのある人間関係を育め、それによってスムーズに仕事ができる、素敵な職場になるといいですよね!

 

ファッションやメイクだけでなく、マナーやコミュニケーションも身につけたい!という方は、こちらをご覧になってくださいね。

 

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。