ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

服のジャンルが決まらない・・・2ステップで「なりたい見た目」になる方法

 

こんにちは。
イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

今からお伝えする方法は、自分一人でファッションジャンルを決めたい!

という方にやってほしいことです。

 

ではさっそく。

まず、「なりたい見た目」「なりたい雰囲気」「なりたい性格」など、
もし○○だったらいいなぁという目標を決めます。

このときに大事なのは、リアルにイメージすることです。

「なりたいあなた」になったあなたは、そのときどこにいて、誰といて、どんなことを話していますか?

リアルに想像してくださいね。

やる気のある方は、お目当ての雑誌を見繕って、切り抜いてペタペタと張り付けて、
ビジョンボードを作るのもおススメです。

そのほうが夢が早く実現するんですよ♡

 

そして次に、どうすればそうなれるのかを考えます。

例えば今より大人っぽくしたい、という場合。

どうすれば大人っぽく見えるのかを考えます。
人によってはスカート丈かもしれませんし、スカートの広がり具合かもしれません。
スカートではなく、パンツを穿いたほうがいいのかもしれませんよね。

 

ボーイッシュにしたいという場合。

どうすればボーイッシュになれるのかを考えます。
もしかしたらヘアスタイルから変えた方がいいかもしれませんし、メイクも変える必要があるかもしれません。
靴を変える必要もあるかもしれません。

 

ナチュラルな雰囲気に見せたい場合。

どうすればよりナチュラルな人に見られるかを考えます。
もしかしたら服の色を変えたほうがいいかもしれませんし、バッグを変える必要があるかもしれません。
小物でナチュラルさを出すこともできるかも、ということを考えるのもアリです。

 

人は「どういう風になりたいか」というビジョンがないと、それに向かって進むことができません。

 

私は服の方向性か決めきれなくて、ずっとずっと悩んでました。
そのため、「フェミニン」「クラシカル」「クリエイティブ」など、クローゼットが様々なジャンルでぐちゃぐちゃでした。。。

 

脳は、「問い」がたつと、ずっと答えを探し続ける性質を持っているんですね。
悩みで頭がいっぱいになってしまう人もいるかもしれませんが、
脳は「A=B」のような、「シンプル」が好きなのです。

 

そして、そこから早く抜け出せるようになると、自ずと行動が変わってきます。

 

答えはあなたが一人で見つけられるかもしれませんし、第三者が掘り起こしてくれる場合もあります。

どうぞ、お好きな方を選んでくださいね。
遅かれ早かれ、「なりたい見た目」にたどり着けますから♡

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。