ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

【レディース ファッションジャンル診断】あなたが好きな系統を知ろう!~国際的、シャープで都会的なドラマティック・ストロング系

 

アラサー以降の女性は、今まで似合っていると思い込んでいたものが似合わなくなってくるので、ファッションジャンル(系統・スタイル)の基礎を知ってると、何かとお得です。ここで紹介するのは、私がイメージコンサルタント養成講座で習ったものの特徴の、一部です。ファッションの参考にしてくださいね。

 

こんにちは。
イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

よく質問いただくファッションジャンル(系統・スタイル)について、今日はモダン系(Dramatic・Strong)の詳細を書きます。
お買い物される目安にしてくださいね。

 

・Dramatic・・・ミスユニバースのような強い女性らしさを表現したい、国際的、自立した女性がキーワード。
高彩度と黒の組み合わせだと表現しやすい。黒は紺や白でもOK。紺だと若干やわらかくなる。
大柄~特大の大きさの柄、幾何学柄、直線柄など。
ウエストを絞ったデザインも得意。


出典:https://www.buyma.com
   https://www.yoox.com

 

・Strong・・・シャープで都会的、力強さや躍動感を彷彿させる。
黒や暗めのダークカラーの2色くらいで仕上げると力強さが全面に出る。
人口素材やメッシュ、エナメルなど、素材で遊んでもOK。
ドラマティックとの違いは、黒がメインのところ。色の切り替えでシンプルさをアピールすること。

 
出典:https://www.zara.com/jp/

 

いかがでしたか?

 

ファッションジャンルは多いところで22タイプある、と言われてますが、実際着るとなると、実用的じゃないと選びにくいのではないかと思うんです。
かと言ってジャンルが少なすぎても、誰かと同じようなファッションになってしまい、あまりにも変化がないのではないでしょうか。

 

私がお客様にご提案する服装は、あなたの未来の姿を想像してるので、
「長く着られます」
「婚活前に受けて、婚約することができました!」
と言われてるんですよ。

 

そのときしか着ない服だと現状維持ですし、着て行く場所がない服をご提案するのも、もったいないですからね~
リアルに身につけてこその、ファッションですよね。

 

なので、今回のようなイメージ画像そのままの洋服を提案することは、ありません。
それに黒は拒絶の色と言われてるので、全身黒にしてしまうと、近づくなオーラが出てしまいますので(笑)

黒は何でも合いますからね、と言われると、ついつい買ってしまいがち。
素材によって黒の見え方の違いを知り、適度に取り入れるのがおしゃれさんへの近道です。

 

あなたが好きなファッションジャンルを知りたいと思った方は、こちらもご覧くださいね。

 

では今回も、最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。