ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

ファッションスタイルは何種類あるの?本当に使える、おしゃれになれるレディースファッションとは?

 

アラサーになると、迷いますよね。
ファッションについて。

 

「今まで着てた服でいいのかな?」
って。

 

私も服は大好きでしたが、毎朝毎朝、着る服にすごく迷ってましたし、楽しかったお買い物もだんだん悩んできてしまってました。。
悩んでると、服を買っても着ないことが多くなって、余計モヤモヤしてしまって・・・(派遣社員でお給料も少なかったのに)
そんな私に転機が訪れたのが、MAICのイメージコンサルティングです。

 

私の話はこれくらいにしておきますね。

 

まず、ファッションスタイルの種類ですが、私が知り得る限り、日本では最大で22と言われてます。

 

この22タイプに分けるのは、テイストスケール法という手法。

このテイストスケール法のファッションスタイルの分け方は、お顔立ちで似合うを確認する方法です。
つまり、お顔立ちでファッションスタイルが分かれる手法。
なので極論を言うと、お顔立ちを変えなければそのほかのファッションスタイルは着られない、ということになるのかな…と思ってます。

これは私が思ってることなので、本当かどうかは分かりませんが・・・

ちなみに私は、フェミニンタイプ、と言われました。
どうりで女性らしいファッションが似合うはずだわ~♡ と思ってます。
気になる方は受けてみてくださいね。

 

そして、私がおススメしてる14タイプに分ける手法。

14タイプは、以下の通りです。

・Sweet(Cute、Feminine)・・・可愛らしい、清楚な

・Casual(Sporty、Natural)・・・爽やか、自然体

・Elegant(Ladylike、Classy)・・・柔らかい、知的

・Luxurious(Alluring、Gorgeous)・・・成熟した華やかさ、大胆な

・Traditional(French、British)・・・信頼感のある、真面目な

・Unique(Creative、Ethnic)・・・型にはまらない、力動感のある

・Modern(Dramatic、Strong)・・・国際的な、浮世離れした力強さ

 

ワンピースだと、これくらい違うんですよ。

 

14というと、テイストスケール法の22より少ないと思いますよね。
ただ、多すぎても、実際に買えて、使えるファッションスタイルじゃないと意味ないですからね。
なので細かすぎてもどうなんだろう、ということで、MAICで使っている14スタイルに落ち着きました。
これだと好きなお店がすぐ見つかって、欲しい服が探しやすいんです。

 

そして、最近話題になってる3タイプに分かれる骨格診断。

骨格診断は、ファッションスタイルも3タイプに分かれます。
3タイプだとザックリしすぎなんじゃないかなー、と思うのです。
その代わり、そのスタイルの幅が広いはずなので、かえって決めきれない方に向いてるのでは、と思います。

 

どれを選ぶのも、あなたの自由です。

 

ただ、この記事を読むくらいのおしゃれさんなら
本当は、誰の目も気にせず好きなファッションを楽しみたいと思ってるのではないかなぁ。

 

 

まずはあなたの好きなファッションを知るため、
「お金も、身長も、体重も、スタイルも、身体の痛みも、
なんの制限もなかったら、本当は何を着たい?」と
問いかけることから始めてみてくださいね。

 

 

良質な質問は、あなたの人生をも変えることができますよ!

ぜひお試しあれ♡

 

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。