ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

フランスでコース料理を食べる人は読んでください!人気添乗員さんから教えてもらった、とても細かいフレンチマナーとは?

 

こんにちは。
イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

今日はマナーのお話です。

と言っても、フランスに行って、伝統的で本格的なフランス料理を食べる方だけ読んでくださいね。
日本では決してマネしないように!

 

で、カトラリー(ナイフやフォーク)の扱い方はほとんどの方が知ってると思うので、要点だけ書きますね。

それは、ナプキンとテーブルクロスです。

 

日本ではナプキンは折りたたんで、輪を自分の方に置くのが正式マナーです。

私は、ナプキンを折りたたんだ内側の端の方で口を拭きます。
そうすると外側はきれいに見えますし、拭いた後の布で、洋服が汚れることもなさそうですよね?

 

で、このナプキンですが、フランスの格式あるレストランでは、口を拭くときにナプキンではなく、床につきそうなくらい長ーいテーブルクロスを使って口を拭くのが本来のマナー、だということです。

 

大事なのでもう一度書きますね。

 

ナプキンではなく、長ーいテーブルクロスで口を拭くのが、本来のマナーです。

 

知ってましたかー?

私、初めて知りました!
昔のフランス貴族たちは、こんな風にして食事してたんですね。

 

このときの注意点ですが、あくまでも、テーブルクロスが床に届きそうなくらい長ーいものだったら、というときにのみ通用する、ということです。

ということは、テーブルクロスが短い場合は、やはり腿の上にあるナプキンを使うのがマナーなのですね。

 

添乗員さんが、本格的フランス料理のお店でテーブルクロスで口元を拭いたら、
シェフから「本来のマナーを知ってる」「ありがとう」という意味を込めて、
シャンパンを着馳走になった、というお話を聞きました。

 

フランス料理のマナーって、難しいですよね・・・

 

実はこの、ややこしいマナーがなぜできたのか?というと。

フランス料理のまずさ、素材の悪さを隠すため、と言われています。

 

イタリア料理は、料理の素材(野菜や魚介類、お肉)が新鮮なんです。
それと打って変わって、古い素材のものを使っていたのがフランス料理です。
(今は大丈夫です)

その素材のまずさを隠すため、誤魔化すために、難しいフランス料理のマナーができたのです。

マナー難しい・・・
と思っていると、お料理に集中できないですよね?

それを利用したのですね。(悪く言うと)

 

ということで このテーブルクロスのマナーは、フランスに行って、長ーいテーブルクロスのお店に行ったときだけ、守ってくださいね。

 

今日もお読みくださって、ありがとうございました。

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。