ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

お買い物で絶対失敗したくない方へ!ショッピングで悩まなくなるコツ

こんにちは。

イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

実は私、起業する前から友人の服を選んでました。

もちろんしかも無料で。

(あ、こういう方は結構多いと思いますよ。)

 

なぜ私が友人の買い物に付き合っていたのかというと、

彼女は”自分で洋服を選べない人”

だったからです。

 

私は20代前半のころから、給料のほぼ全額を洋服とメイクにつぎ込んでました。

だから、友人が服を買えない理由がさっぱり分からなかったです。

でも、あるとき、理由に気づいたんですね。

あぁ、買い物で失敗したくないからなんだ、と。

 

ここで、何をもって失敗とするか?

ということを疑問に持たれる方がいると思います。

 

私にとってのお買い物での失敗の定義

それは、

・コーディネートできない服

・現実的に考えて、この服、どこに着てくんだろう

というものを買ってしまったとき です。

 

お店に行くと分かるんですが、実際に服を着てみて、

「一体、これはどこに着てくんだろう?」
「何をするときに着てくの?」

という疑問がわいてくるとき。

また、服を着ているシーンや自分の姿をリアルに想像できないと、

お買い物で失敗する確率が高くなります。

 

ですが、そういうものも含め、店員さんは

「お似合いですよ~」

とか言ってくるわけです。

 

今の私だったら、リアルな自分の姿が想像できないと、
すぐに断ります。

 

でも、当時は

きっと着ていくところはあるんだろうな~

かわいいから買っちゃおう。

入荷数1枚だって言ってたし。」

という脳内トークを繰り広げてました。

 

それで、

「この服に似合うのはどういう組み合わせですか?」

とかを訊き、さらに買い物をする、というパターンに陥ってました。

 

もうね、完全にアホです。

お店のいいカモでした。。

 

ま、そういう失敗があったからこそ、今の私があるわけですが。

 

で、私の友人は、

「絶対失敗したくない!

でも私、選ぶ自信ないし…」

という強い信念の持ち主でしたので、私に買い物に付き合ってもらう

ということを繰り返してきました。

 

洋服って、人から客観的に見てもらうほうが、

似合うか似合わないかが分かるんですよね。

 

だから、自分の頭で考えたり、目で確認するよりも、

人から選んでもらうほうが、より似合うもの、素敵なものが

手に入ります。

 

友人は、それを無意識的に感じていたので、私に

買い物付き合って~

と言っていたのだ、と今は思います。

 

という訳で、あなたもお買い物では、

自分の姿を客観的に見る意識をし、

どこに着ていくか、

コーディネートしやすいか、

を考えて、上手にお買い物をされてくださいね♪

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。