ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

【おしゃれに見える】トレンチコートの女性らしい着こなし方

こんにちは。

イメージコンサルタント 片瀬慶子です。

 

3月になりましたね。
今日の静岡は肌寒いのですが、それでも極寒のときほどではないです。

 

3月に入ると、それまで羽織っていたぶ厚いコートを脱ぎたくなりませんか?

でも、すぐにコートを脱ぐと、まだ寒いですよね。
そんな時期、おススメしたいのがトレンチコートです。

 

トレンチコートというと、なんとなくおじさんが着るもの、
という風に思いません?

 

そもそもトレンチコートはイギリスの軍服でした。
寒いヨーロッパでの戦いに対応する防水型の軍用コートが
求められたことから開発されたものなんです。

なので、もともと男性向きなんですよね。

トレンチコートには、色々な装飾がついてますが、
一つ一つに意味があって、わざわざつけられてます。

 

トレンチコートの話は相当長くなるので、
今日はこのあたりにしておいて。

 

では、どうしたらおじさんっぽく見えるトレンチコートを
女性らしく着こなすことができるようになるのでしょう?

 

まず、「トレンチコート=戦う」というイメージを
なくしていくこと。

 

要は、今から戦います!というメッセージを抜いていくことです。

 

これにはコート選びが大切です。

 

例えば、正統派の、バーバリーのコートを手に取ったとします。
バーバリーのトレンチコートは、綿ギャバジンという硬い素材でできてます。

そんな硬い素材を、女性が着たらどうなると思いますか?

なんとなく質感、素材感から硬さが伝わってきてしまいますよね。

なので、そういう場合は、コートの素材を柔らかいものに変えていったり、
優しそうな雰囲気の服と合わせるのです。

 

ボトムスをパンツでなく、スカートに変えたり、ワンピースを着たり。
トップスを綿(コットン)のシャツやブラウスではなく、シルクのブラウスを
まとったり。

そうやって、少しずつ女性らしさを加えていきます。

デニムを合わせるのもありですが、そういうときは靴をバレエシューズにしたり、
アクセサリーで女性らしさを足していきます。

すると、ハッとするほど女らしさが醸し出されますよ。

あとはもう、コート自体を女性しか着られない素材にしてしまうことです。

例えば、ピンクのレースとか。色だけでも変えてみてはいかがでしょうか。

その他には、柔らかい素材で、ウエストから下はフレアでだんだん広がるようなものや、
ふわりと風になびくような軽い素材のロングのトレンチコートなどが最近は出てますので、
そういうものを選びます。

そういうものは、男性は着られませんからね。

コートそのものの素材から女性らしさが伝えられる場合は、パンツを穿いても
大丈夫です。

もっと女らしくしたいのであれば、ワンピースとヒールのパンプスを
合わせてもいいですよね♫

 

最近のコレクションは、トレンチコートやモッズコートをいかに
戦いのイメージからはなそうか、というデザイナーさんの意識がうかがえます。
もう、戦うのはやめましょう、と言ってるんですね。

 

トレンチコートだけでなく、男性と無意識レベルで戦ってると、
女性はモテませんからね~

 

最後、話がずれてしまいましたが・・・
書きたかったのはそこかも。

 

では、今日も最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。