ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

30代 何着ていいか分からない、を解消するには?

 

こんにちは。
イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

この前、2人のお子様がいらっしゃるお母さまがお見えになりました。

その方、お顔も小さくてメイクもバッチリ。
着てる服も特に問題ない様子でした。

「いったい何に悩んでるのだろう・・・」

と思ってたんです。

 

 

よくよくお客様のお話を伺ってると、その方は2人の可愛らしい妹さまと比べてばかりいて、「お肌が汚い、脚が太い」とコンプレックスの方ばかりにフォーカスしていました、ということでした。

 

きっと、

「妹さんたちが可愛くて仕方がないんだろうな」

と思いました。

 

 

それも良いんです。

私も一緒に暮らす弟のことが大好きですし。

 

 

だからと言って、妹さんと比べてばかりいても、前には進めませんよね?

メイクを頑張り、彼女なりには努力してたと思うのですが。

 

 

私のコンサルテーションでは、初日にお客様のことを知るため、時間をかけてインタビューをします。
そこから「なりたい姿や見た目の方向性」を探り当てるのですが、8割くらいの方が最初は「なりたい方向性」が分からず、手探り状態なのです。
そう、皆さま、「ご自身がどうなりたいか」がなかなかはっきりしていないんです。

 

 

そういう方には私、型通りのインタビューをしないことにしています。
だって、なかなか「なりたい姿」が出てこないことが分かってますから。

 

問題は、ではどうすればいいのか?ということですよね。

 

私にできることは、ただその方のお話を聞くのみ、です。

お話を聞いてると、自ずとその方から「なりたい姿の方向性」が発せられることが分かってきました。

 

その方も、営業をされてることやご家族のお話を聞いてるうちに

「あぁ、キレイなママって言われたいんだ」

と自然と口をついてたんですよ。

 

 

きっと、なりたい姿の全体的なイメージ像がはっきりしたのでしょう。

そこから私の本格的なファッションやメイク、色やイメージに関するインタビューが始まり、その方の「キレイなママ像」の抽象的なイメージをはっきり具体的にしていきました。

 

 

だから、

「何着ていいか分からない」

と思っていたら、無理やり答えを出すのではなく、まずは

「あぁ、何着ていいか分からない」

って思ってるんだなぁ、と自分に寄り添うのが一番簡単です。

 

 

答えが出なくて悶々とするより、まずはそこを認めること。

 

 

悪く言えば問題を棚上げにした状態になるかもしれませんが、脳は答えを探し出してくれますからね。
最適なときに、答えが出てくるでしょう。

 

 

もちろん、

「何着ていいか分からないからコンサルティングを受けに来ました」

でもOKですよ♫

 

 

そういう方は、一緒に解決していきましょうね!

 

 

では今回も読んでくださり、ありがとうございました。

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。