ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

今すぐできる!誰でもおしゃれになる方法とは?

 

こんにちは。
「理論」と「視覚」で似合うファッションを提供している
イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

今日は立秋ですね。

お客様にもよく話しているのですが、
「季節の先取り」は
おしゃれに見えます。

 

では、どんなものがおしゃれに見えないかというと。

その他大勢と同じもの、が挙げられます。

 

 

なぜかというと、私たち人間の目は同じものに飽きて、慣れてくるから。

つまり、5月から着ている夏の服にはもう飽き飽きしている
という訳です。

それに、どこもかしこも流行りの服ばかりですしね。

これも目が慣れてしまっているので飽きている、
という訳です。

 

とは言っても、気温が高いですよね。
ただ、太陽の傾きはもう秋です。
ウチの方はこの前、トンボが飛んでたくらいです。

ものすごく暑いですが、秋の色、暗い色合いのものを取り入れてOKなのです。

人は見慣れないものに、ハッとさせられますからね。

とは言っても、気温があまりにも高いので、取り入れるのは部分的で
いいんですよ。

 

そしてもう、秋物は店頭に並んでるので、新しいものを買っても良いのですが、
そうでなくても良いのです。

何か目新しいものを取り入れるだけでも、得られる効果は同じですからね。

 

逆にどんなに新しいものでも、みんなと同じだったら、
それは見慣れているものなのです。

よって、新しくても効果は薄れてきます。

 

せっかくおしゃれを楽しむのなら、ポイントをおさえていると、
方法は色々考えられますよね。

 

どうぞ、あなたらしいおしゃれを!

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。