ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

【似合う服診断】自分に似合う服が分かる2つの診断方法とは?

 

こんにちは。
イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

「何着ても、いまいちしっくりこない・・・」

 

お店で試着したとき、あなたは鏡の前で、着ていくときの姿を想像しますよね?

 

「このトップス、今度の女子会ではあれを合わせて、
会社へ着て行くときはこれを合わせて」

「あ、あの組み合わせ、合うかも!」

そして、お買い物した後のルンルン気分で家に着いてもう一度着てみたら、
「きっと似合うだろうな~」
と思って、買った服をまとったら
「あ~あ、また似合わなかった・・・」

 

そういう経験がある方がいらっしゃるかもしれません。

私も、以前はよくありました。

 

 

もうそろそろ、似合う服が分かると、いいですよね。

鏡で見ても、自信が持てますし♡

 

 

では、どうしたら、似合う服を自信をもって着られるのでしょうか?

 

まず1つの答えは、あなたのお顔立ちにあります。

 

 

そうです。
お顔立ちでその服が「似合う」か「似合わない」かが変わってしまうんです。

 

例えば、お顔の輪郭が丸顔で、目がクリっと丸く、目尻が下がっていて、小鼻に丸みがあって、お顔の縦の長さが短くて、おでこが広い方の場合。
いわゆる童顔で、柔らかく女性的な印象が強く、年齢より若く見られやすいタイプです。

こんな感じの方が多いのではないでしょうか。

 

逆に、お顔の輪郭がベース型、もしくは三角形で、目は切れ長、目尻が上がっていて、鼻筋が通っていて、お顔の縦の長さが長くて、おでこが狭く、目がはっきりと大きい方の場合。
いわゆる大人顔で、年齢より落ち着いた印象が出やすいタイプです。

きっと、こういうお顔立ちですよね。

 

上の二人で比べた場合、似合う服は一緒になるでしょうか?

 

そうです。なりませんよね~
なので、似合う服はまず、お顔立ちから決まるんです。

 

要は、お顔立ちに合わせて服を選ぶと、似合うものが分かるということになりますよね♡

 

じゃぁ
お顔立ちが童顔だったり、大人顔だったり、女性らしい顔だったり、男らしいお顔だったりする場合、必ずしも似合う服が限られてしまうか、というと、そうではないんです。

 

もしそうした場合で、お客様が好きな服を着こなせなさそうなときは、まず髪型を変えてもらいます。

 

例えば、童顔だったら大人びて見えるヘアスタイルに。
面長で悩んでいたら、お顔が短く見えるヘアスタイルに。

 

先にヘアスタイルを変えることで、いくらでも好きな服や、目指す目標に合う服を着られるようになりますからね~

そのほうが納得がいくと思いますし、似合うが分かった、変われた、ということも身をもって実感できるんです。
必ずしも変わることありき、ではありませんけどね。

 

というわけで、自分に似合う服を選ぶにはどうすればいいのか、の答えの1つが分かったのではないでしょうか?

 

どうしても分からなかったら、人に訊いてみたり、それこそイメージコンサルティングを受けてみたり、独学で勉強したり、講座に通ったり。
方法はたくあんありますからね~

 

私は”好きで、似合う服を一生着続けたい!”というあなたのことを応援してます。

 

人より先に自分なりのおしゃれを楽しみたいあなた、
“好きで似合う服を着たい”と思う方はこちらをご覧くださいね。

ついでにこの3ヶ月レッスンで、お金がない、時間がない、愛がないも解消してしまいましょう~

日本のイメージコンサルタントで、ここまで解決できちゃう人は、私以外にいないと思ってまーす♡

 

では今回も、最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。