ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

「好きな服」と「似合う服」が違うときの対処法

 

こんにちは。
イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

 

もうすぐ9月ですね。
季節の変わり目です。
そんなとき、服を買いたくなる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

せっかく服を買うんですもの。

できれば「好きな服」で「似合うファッション」を楽しみたいと思いませんか?

 

気が早いんですけど、私はこの前、冬物のニットを買いました。
「好き」で「似合う服」が見つかったので、すごく嬉しかったんです♡

 

今日は、「似合う服と好きな服が違うときの対処法」を、ポイントを絞ってお伝えしますね。

 

まず、「好きな服」を選ぶには、

当たり前ですが、「あなたの好き」をはっきりさせます。

 

例えば、花柄が好き、ドットが好き、無地の服が好き、ボーダーが好き、シンプルなものが好き、ピンクが好き、レースが好き・・・

 

あなたの着てみたい服、好きな服の、色や柄は何でしょうか?

 

お買い物に行く前に、ちょっと考えてみてくださいね。

 

 

私は最近、ボウタイトップスにはまってます。
ボウタイって、首が長く見える効果があるんですね。
私は首が短いので、ボウタイなどの「似合う服」「スッキリ見える服」で誤魔化しちゃいます!

色はできれば紫か白。
紫は大人っぽい雰囲気に見えるし、白は清潔感があるし。
どちらも捨てがたいんです。

 

こんな感じで、「あなたの好きな服の特徴」をはっきりさせておくと、服を選びやすいですよね♡

 

まずは、あなたが「好きそうな服」を売ってるお店を見に行ったり、インターネットで検索しましょ ^ ^

最近はインターネットやインスタグラムでも服を見ることができるので、いちいちお店を回らなくていいですよね。
昔より、はるかに便利になりました。

 

そして、ひとしきり見て目星をつけた後、今度は「似合う服」を探します。

 

では、「似合う服」はどう探せばいいのでしょうか?

 

イメージしてくださいね。

 

いくつか方法があります。

 

まず、似合わないものは似合わないと、意見をハッキリ言ってくれる人と一緒に行くことが挙げられます。

ただでさえ「好き」と「似合う」が違う中で服を探すのですから、そのときの感情でパッと
「これかわいい!」という勢いで買ってしまい、
家に帰って冷静になると似合わない……
って、悲しいけど、私は何十回と繰り返してきました。。

 

ということは、客観的に判断してくれる第三者がいたほうが、似合う服を探しあてられる確率が上がりますよね。

 

その、第三者選びも大事なんじゃないかな、と思うんです。
できれば、その人の「好きなテイスト」や「主観」が入らないような人を選びたいものですね。

 

ただ、やっぱりお買い物は一人で行きたいわ!というあなたは、

次の4つのポイントで、「似合う」を見極めてくださいね。

 

1.ヘアスタイル

たかがヘアスタイル、と侮るのは、もったいないです。
髪を切ったら似合う服がなくなった、ということ、誰でも経験があるのではないでしょうか ^ ^
ヘアスタイルはそれくらい大切なんですよ。

 

2.お顔立ち

目、鼻、口、お顔の輪郭、お肌の質感。
実はこれらも、「似合う」に関わってきます。
女性はメイクで簡単に変身できるので、お得ですよね♡

 

3.肩、首の長さ、バスト・ウエスト・ヒップのバランス

実は、肩はとっても大事です。
自分がいかり肩かなで肩か、肩幅があるかないか、を自覚しておきましょう。
そして、首が長い人は短く見せる工夫を、短い人は長く見せる工夫が大事です。
さらに、目の錯視を使うと、小さなバストを大きく見せる、大きなヒップを小さく見せることは簡単にできちゃいます。
体の全身バランスが良い(=スタイルが良い)と異性からモテますよ。

 

4.試着を必ずする

服を着たときに、変なシワが寄っていないかを確認しましょう。
正面、横、後ろを鏡で確認してみてくださいね。

 

 

色々書いてきましたが、

何より、服を身に着けたとき、気分が上がるかが一番大切♡

 

 

他でもない、あなたの人生。
「好きな服」と「似合う服」で、なりたい自分になって夢をかなえていきましょうね。

 

 

いつもあなたを応援してます ^ ^

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。