ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

【肩幅が広い女性へ】服の組み合わせで肩幅を目立たなくするちょっとしたコツ

 

こんばんは。

イメージコンサルタント 片瀬慶子です。

 

 

最近、立て続けに

「肩幅が広いのが悩みです」

というお客様がいらっしゃいました。

 

肩幅が広いと、女性は気になりますよね。

 

男性だったらカッコいいのかもしれませんが、

女性はそうはいかないものです。

 

と言っても解決しないので、

今日は肩幅の広さが目立たない服の組み合わせを

ご紹介します。

 

サクッと、いきますね。

 

こんな組み合わせです。

 

写真だけで、理解できましたか?

 

「う~ん、ちょっと分からない・・・」

という方のために。

 

注目してほしいのは、トップス(上半身)の組み合わせです。

こんなふうな色の組み合わせにすると、内側の白色に目線を向けることができ、肩幅が目立たなくなるんです。

 

これが、目の錯覚を使った体型カバー法です ^ ^

 

そして、肩幅が広い方はなるべく選んでほしくないアイテムがあります。

 

それは、

ホルターネック。

こんな感じです。

 

このホルターネック、

いかにも肩が強調されそうなデザインだと思いませんか?

 

 

冬はこういった服を着ることはないと思いますが、

夏は注意してくださいね。

肩が目立ってしまいます。

 

他にも、ごくごく普通のTシャツも要注意です。

Tシャツは肩がストンと落ちるものがほとんどです。

なので、肩の幅が目立ってしまうんです。

そういうときは、服やストールで縦長のラインを作るように意識して、コーディネートしてみてくださいね。

 

前述のお客様は体操着を着てて、

「体育の授業で、一人だけ変だった・・・」

ということをおっしゃってました。

 

これには理由がありまして。

日本のブランドは、服の型紙(パターン)を作る際に、

日本人女性の平均身体測定値を参考に裁断してます。

日本で売るので当然なのですが、

そうするとどうしても肩幅も平均サイズになってしまうんですね。

 

それを肩幅が広い人が着るとどうなるか・・・

想像してみてくださいね。

 

 

どんな服を着るのか、何を選ぶのか、

あなたは自由です。

 

日々、何を感じるのかでさえ、あなたが選べるんですよ ^ ^

 

 

どうぞ、あなたにとって着心地の良い服を着て、毎日をイキイキと楽しまれてくださいね☆

 

 

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。