ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

【脚を長く見せる方法】トップ1%のイメージコンサルタントしか知らないファッションアイテムとは?

 

こんにちは。
イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

例年だったら薄手のコートが纏える日もありますが、まだ肌寒いですね。
とは言っても、もうすぐ4月。

軽やかな春です。

 

軽やかな春というと、薄着になる季節!
春から夏にかけては、体の線が見えやすい、薄手の服を着る機会が多くなってきますよね。

 

 

今日は、モデルの菜々緒さんみたいに、脚がスラーっと長く見える3つのテクニックをお伝えします。

普通、大人になったら脚の長さはがんばっても変わりません。
そんなとき、服や小物の選び方ひとつで脚が長く見えたら、毎日の服選びがバラ色のようにワクワクするでしょう。

穴があくくらいじっくり読んで、あなたのものにしてくださいね!

 

 

1.スカートやパンツと、靴の色を一緒にする

よく使われる”足長アイテム”はヒールの高い靴。
それも良いですが、人によってはヒールに慣れてなかったり、靴擦れができてしまったり・・・
足を引きずって歩いてたら、とてもカッコいいものではありません。。
かくいう私も、実はヒールが苦手。

そんなときは、スカートやパンツと靴の色を合わせると、ヒールを履くのと同じくらいの
脚が長く見える視覚効果が得られます。


出典:WEAR

特に、パンツのときは効果絶大です!
ぜひ、試してみてくださいね。

 

2.スカートのときはベージュの靴を履く

膝丈くらいのスカートの場合は、ベージュを靴を履くのもオススメです。
ベージュは足の色と同じですよね。
足の色、つまり、お肌の色と同化して、脚が長く見える効果があります。

こんな感じで。


出典::www.mlovesmblog.com/

足の色と同化して、長く見えますよね!

 

3.パンツの場合は足首の一番細い部分に裾を合わせること

足首は、脚の中で一番細い部分。
そこを強調させるんです。
ワイドパンツが流行ってますが、流行アイテムはボトムス以外で取り入れても良いですよね。


出典:www.makelifeeasier.pl/

ここぞというときに、おススメです。
女らしさも醸し出せ、一石二鳥ですよ!

 

 

今日は、3つのテクニックをご紹介しました。

あなたなら、どういうシーンで取り入れますか?

具体的に想像してくださいね。

 

 

ファッションデザイナーのココ・シャネルは、こういう風に言っています。

その日、ひょっとしたら、運命の人と出会えるかもしれないじゃない。
その運命のためにも、できるだけかわいくあるべきだわ

 

 

ここまで読んでくださったら、もう脚長美人に変わっちゃいますよ♡

変化しようとするあなたのこと、応援してますね!

 

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。