ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

【差がつく婚活ファッション♡】30代からは自分らしいファッションで早く夢を叶えませんか?

こんにちは。

女性のパートナーづくりを応援しているイメージコンサルタント  片瀬慶子です。

 

 

あっという間に月末ですね。

昨日はプレミアムフライデーでしたね♪

きっと、思う存分楽しまれたと思います。

 

 

私は先日、コミュニケーション講座に参加してきました。

その講座で、一緒に学んでる、20代半ばの女性の目標設定をする

場に立ち会うことができたんですね。

 

彼女の目標は最初、

「1年以内に彼氏を作る」

だったんですが、

あるワークを一緒に行ったとき、

「結婚式の自分の姿を見た♡」

と言ってました。

 

きっと彼女はもうすぐ結婚することでしょう♡

 

 

 

話がそれてしまいましたが、今日は俗にいう、

婚活ファッションについて書きたいと思います。

 

 

あなたは婚活ファッション、恋愛のためのファッション

というと、どんな服装を想像しますか?

 

白いブラウスにピンクのスカートのような

フェミニンでお嬢様のような服装ですか?

 

それとも、ベージュのワンピース姿ですか?

 

流行りのピンクに身を包んだ服装ですか?

 

 

もちろん、何を着てもいいんですよね~

プライベートの服装なので。

 

行く場所によってはTPOがありますが、

基本的にはあなたが好きなものを選んでくださって

いいんです。

 

ここで私がお伝えしたいのは、

何を着てもいい、ということなら、

あなたはどういう基準で服を選びますか?

ということなんです。

 

お母さんやお友達に

女らしい服装がいいって言われたから

スカートを穿きますか?

 

それとも、普段の自分を見てもらおうとして、

パンツルックで行きますか?

 

 

お母さん、お友達、はたまた結婚相談所のアドバイザーさん、

色々な人がアドバイスをくれますよね。

 

ぜーんぶ、あなたのことを思ってのアドバイスです。

 

このアドバイス、

あなたが失敗しないように・・・

と、良かれと思って言ってくれてるんですよね。

 

きっと、このアドバイスは効果があるのでしょう。

 

婚活ファッション

と呼ばれるくらいですから。

 

私がお客様にお伝えしてるのは、その他大勢と一緒に見えて

しまうような、一般的な婚活ファッションではありません。

(キッパリ!)

 

賛否両論あるかもしれませんが、

私がお伝えしてるのは、

あなたらしい服装。

 

それも、他の人(特に男性)から見ても違和感のないもの

です。

 

普通、あなたらしい服装、というと、

全身自分好みのもので選んでしまうと

思うんです。

 

もちろん、それもいいんですよ。

 

ときめくものを残そう、着よう、

と書いてある本もありますからね。

 

そして、それもあり、なんですが、

全部自分好みのもので選んでしまうと、

男性に引かれてしまったり、

変なもの着てくるなよ!

と思われたりしてしまうんですね。

 

私もこの匙加減が分からなくて、

すごーく苦労したんです。

 

お客様にはそんな思いをしてほしくないので、

あなたらしくて、その場になじむ服装をご提案

してます♪

 

あなたらしさを全身の何パーセント入れていくか、

どうすればあなたが好きで、男性受けするファッション

になるのか。

 

私のコンサルテーションでは、そんなことを

お伝えしてます。

 

あなたが叶えたい未来、私にも応援させてくださいね!

 

いつも最後まで読んでくださって、ありがとうございます♡

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。