ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

【イメチェンしたい!】髪型とファッション、先に変えたほうがいいのはどっち?

こんにちは。

彼氏が欲しい女性のためのイメージコンサルタント 片瀬慶子です。

 

私のサービスって謎が多いみたいなので、今日はちらっと内容を

文字にしたいと思います。

 

 

お客様とお話ししてると、初日からこんな質問を受けます。

 

「思い切って、イメチェンしたいんです!

○○なイメージに。

○○なイメージになるには、髪型と服装、

どちらを変えればいいんですか?」

と。

 

 

(先に断っておきますが、全てのお客様が、明確に

こうなりたい!と思っているわけではありませんよ)

 

 

こういう質問をしたくなる気持ち、とっても共感できます。

私だって、失敗したくないですもの。

お客様はなおさらでしょうね~

いくら髪は伸びるから、といっても。

 

 

さて、思い切ってイメチェンしたい場合、髪型とファッション、

どちらを先に変えればいいのでしょう?

 

 

もうね、これ、結論から先に言ってしまいます。

 

 

思い切ってイメージチェンジしたい方は、

髪型を先に変えてください!

 

 

これには理由があるんです。

 

私はお客様に、フェイスフィッティング法という方法をお伝えしてます。

この方法を使うと、わざわざ服に着替えなくても、あなたに似合う服装が分かる

ものなんですね。

(つまり、似合わない服を買わなくても良くなってしまうんです。)

 

 

そして、このフェイスフィッティング法、お顔のお写真を切り抜いて

服に合わせていくものなんです。

 

 

お顔のお写真を切り抜くことから始めるので、お顔とセットになっている髪型を

先に変えたほうが、失敗がなくなるんです。

 

 

なので、イメチェンしたい方は、

髪型を先に変えてくださいね!

とお伝えしてます。

 

 

髪型とファッションの関係性、

理解していただけたでしょうか?

 

 

難しい・・・

と思ったあなたへ。

 

 

服を買おうと思って試着したとき、

なんとなく似合わない…

と思ったことはありませんか?

 

 

その似合わない、と感じた違和感、

たぶん当たってます。

 

 

服が似合わない…

と感じてしまったのは、髪型が多くの原因を

占めるからなんですね。

 

 

それでも う~ん、ちょっと分からないな…と思った方。

 

 

美容院に行って髪型を変えたとき、

今まで着ていた服が似合わなくなってしまった、

という経験はありませんか?

 

あなたがそういう風に感じたのは、

決して違和感ではないんですね。

 

 

もちろん、女顔や男顔、というのも

一因かもしれませんが、髪型を変えると

雰囲気がガラッと変わりますから。

 

 

なので、思い切ってイメチェンしたいあなた、

まずは髪型から変えてみてくださいね~♫

 

 

私のコンサルテーションでは、

外見(見た目)の変化が実感できますよ。

 

 

ガラッとイメチェンしてモテ女性になりたい方は、

こちらをご覧くださいね。

 

今日も最後まで読んでくださって、ありがとうございます!

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。