ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

骨格診断より詳しい!おススメの体型分析ツールとは?

 

こんにちは。
イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

先日、広島の女性起業家さんにお会いしまして、私が提供している体型分析というツールを紹介させてもらったところ、

「骨格診断より詳しいのですね。
私、正確に測ってもらうほうが納得できるから、受けてみたいわ。」

と言われました☆

ーーーーー

 

雑誌でよく見かける骨格診断が広がりつつあり、みんなが知っていますよね。

一方、体型分析はまだあまり知られていなくて、スタイル良く、際立ったおしゃれができて、安心して服を選ぶことができます。

 

 

なぜ安心して服を選ぶことができるのかというと。

 

全身をメジャーで計測して機械で診断することで誤診がなくなり、さらにベストな袖丈やボトムスの丈、ネックレスの長さ、イヤリング・ピアスの大きさや形も分かるから、というのが大きな特徴です。

 

 

骨格診断では、似合う服の形が分かります。

 

なので、

「似合う服の形だけが分かればOK」

という方は、骨格診断を受ければ良いと思います。

 

 

ただ、似合う服の形は分かっても、実際にお店で選ぶときに、

「パンツやスカートは、どれくらいの丈を選ぶと脚が長く見えるの?」

「私もイヤリングをしたいけど、どんなものを選べば華やかに見えるのかな?」

「せっかく買うなら、より素敵に見えるアイテムを安心して買いたいな

と思うことはありませんか?

 

 

太って見えないトップスの袖丈は体のどのあたりまでか、バストが大きく見えるトップスのデザインはどのようなものか、どれくらいのスカート丈やパンツ丈だと脚が細く長く見えるのか、ということも分かると、さらにおしゃれも楽しめますし、何より「安心」が手に入ると思うのです。

 

店員さんの「お似合いですよ」の声に頼るだけで、「これを選べばおしゃれって言われるかも」とか「安いからとりあえず買おう」という発想だと、服は増えても実はモサっと見えるかもしれませんし、イチかバチかの賭けをしているのと同じなのではないでしょうか ^ ^

 

 

家にある服は、全部私をきれいに、素敵に見せてくれるアイテムばかり♡

だと、誰に見られても安心できて、朝の身支度も億劫じゃなくなりますよね。

 

 

という訳で、誰に見られても素敵だと思われる服選びをしたい方、触った感覚や主観ではなく、客観的に分析・診断してほしい方は、体型分析をおススメします

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2020年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。