ファッション・メイク・マナー・コミュニケーションを味方に♡

【モテるための極意】内面と外見、大事なのはどっち?

 

こんばんは。

イメージコンサルタント 片瀬慶子です。

 

 

最近、知らない方にお会いする機会が増えました。

 

ファッションやメイクなどの見た目に関わる仕事をしてますと

自己紹介すると、よく女性から、

「男性にモテるのに必要なのって、内面ですよね?」

と聞かれます。

 

平たく言うと、

「モテるには 内面と外見、どちらを磨いたほうがいいですか?」

ということだと解釈してます。

 

 

答えを先に言いますと、モテるためには、

まず初めに、外見を磨いてください!

とお伝えしてます。

 

こういうと、かなりの人がショックを受けられます。

 

これは、私が外見(見た目)に関わる仕事をしてるから、

こういう答えをお伝えしてる訳ではないんですよね。

 

 

とは言っても、いくら私が鼻息荒く、

「外見磨いてください!」

と言っても伝わらないと思うので、

例をあげて説明しますね。

 

 

あまーい匂いのするケーキ屋さん。

ショーケースには様々なデザインのケーキが並んでます。

あなたはケースに近づくと、まず、何を見ますか?

そう、ケーキの色や形、デザインですよね。

つまり、見た目なんです。

見た目で食べたいかどうかを判断し、食べたときの味を想像するんです。

 

 

男性もそれと同じです。

男性は、出会った女性のことを見た目で口説けそうか、そうでないかを

判断するんですね。

 

その口説けそうか、そうでないかの割合は大まかに7:3。

7割 口説けそう、と思ったらアプローチの方法を考えますし、

3割 無理そう、論外 だと思ったら諦めるんです。

 

なので、

モテたかったら 男性に選ばれそうな見た目 7割に入っておく必要がある

んです。

だからこそ、外見が大事なんです。

 

つまり、内面を見てもらうための外見なんですね。

 

初めてお会いする方は、あなたの性格まで

分からないですからね~

全体的な印象や雰囲気を3~5秒で

感じ取ります。

 

こう話すと、ごくごくたまに、

「私、モテモテになったら困るんです」とか

「私、好きな人にだけ好きになってもらいたいんです」

という方がいらっしゃいます。

 

こういう方のお気持ちも分からなくもないのですが、

かつて、そんなにモテたことありましたっけ?

 

辛口ですみません…

 

どちらにしても、あなたという人を知ってもらうには、パワーが必要なんですね。

力の出し惜しみをしてると、スルーされる確率が上がってしまいます。。

 

それに、外見磨くのは変化が分かりやすいですからね。

外見を磨いてから内面の良さも分かってもらっても

いいのかな、と思いますよ。

 

正解、不正解はありません。

あなたが決めていいんですね。

 

ぜひ、あなたらしく人生を楽しんでほしいな~、と思います。

 

では、今回も最後まで読んでくださって ありがとうございました!

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

自己紹介

片瀬 慶子(Katase Keiko)
Mu:Design Asia Image Consulting 認定イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト
国際マナー・コミュニケーションアドバイザー
静岡市在住

幼少の頃に祖母から洋裁を習い、叔母の通うブティックへ同行させてもらうなど洋服に強い興味を持つ。そんな洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルデザイン論、アパレルCAD、服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、栄養学、食品学、住居学等被服学を中心に家政学全般を広く学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけにマナーや接遇について学び始める。しかし、心のバランスをくずし、仕事をやめたことをきっかけに改めて人生について考える。そんな中、やはり自分の人生に大好きな服飾は欠かせないという結論に至り、かねてから興味を持っていたイメージコンサルタントのライセンスを取得し、開業。
好きなことをすることで人生に希望が持て立ち直れた自身の経験から、自分のことを変えてみたいと望んでいる方の希望となることを目標に活動している。